BLOG

ブログ
ブログ

SMSで優秀な人材を確保!人材会社のSMS活用事例

新型コロナの影響で世界中のビジネスに大きな変化が現れています。また、そこで働く従業員の心境にも同様に変化が現れ、長期間のリモートワークを機に転職を考え始めた人は少なくありません。企業にも新型コロナによるピンチを乗り越えるために即戦力を求める動きが出てきています。この状況下で、人材業界は企業が求める優秀な候補者をいかに早く提案できるかが勝負となるでしょう。

候補者への連絡手段として、メール、マイページ内のメッセージ、電話があります。しかし、候補者は複数の転職エージェントに登録しているケースが多く、各社のキャリアコンサルタントからの個別メール、エージェントのメルマガ、スカウトの通知など、一日に大量の求人情報を受け取っています。

さらに、優秀な候補者は切羽詰まった心境でない場合が多いので、転職関係の連絡を1通1通念入りに確認している人は少ないのではないでしょうか?

このような時、SMS(ショートメッセージ)なら他のメールに埋もれることなく、高確率で候補者に求人情報を確認してもらえるメリットがあります。今回は実際にSMSを導入した人材会社の事例をご紹介いたします。

 

人材業界の課題とSMS導入による成果

【課題】優秀の人材はスピード命の争奪戦

優秀な人材と求人をいち早くマッチさせ成約させたいが、優秀な人材はどの人材紹介会社も狙っているため、求人紹介のスピード勝負。メールやマイページは情報量が多すぎて、本当に見て欲しい求人を見落とされてしまうので、成約角度の高い求人を確実に候補者に見てもらう手段が必要でした。

【結果】他社よりも早く候補者を紹介し、成約率アップ

SMSに記載した求人リンクのクリック率はメールの4倍以上あり、優秀な候補者に求人を確認してもらえる機会を増やすことができました。そして、他社よりも早く候補者を企業へ紹介でき、成約率が向上。成約報酬だけではなく、企業から信頼され継続的に求人紹介を依頼されるようになりました。

 

誰でも簡単に使えるMail SMSは導入ハードルが低い

CM.comでは3種類のSMS配信方法を提供しています。1つ目は当社の配信プラットフォームを利用して送る方法。2つ目はGmailやOutlookなどのメールソフトがSMSを送れるように当社で設定し、メールからSMSを送る方法。3つ目は企業が既に持っているシステムにSMS配信APIを連携させ、既存のシステムから送る方法です。

特に2つ目のGmailやOutlookからSMSを送れるようにする「Mail SMS」は、宛先を「国番号+携帯番号+@mail-sms.com」にするだけで、メールと同じ要領でSMSがメールソフトから送れます。そのため、従業員は新しくSMSの配信方法を覚える必要がなく、社内でSMS配信を簡単に浸透させることができます。

どんなに業務に役立つITツールでも、現場で使いにくいツールは社内で浸透しません。そのため、SMSに限らずITツールの導入から社内浸透は多くの企業の課題となっています。しかし、CM.comの「Mail SMS」はそのような心配がなくスムーズに導入できるため、様々な業界から利用されています。

▼Mail SMS詳細
https://www.cmtelecom.jp/mailsms-about/

 

完全従量課金制で無駄のないSMS配信

CM.comのSMS配信は初期費用、月額費用が一切かかりません。1通10円以下で配信でき、業界の中でも割安でご提供しています。また、世界199ヶ国に配信できるルートを保持しており、年間25億通ものメッセージを配信しています。

個人へのメッセージだけではなく、モバイルゲームやソーシャルアプリの二段階認証、ホテルやレジャーの予約通知、支払督促など、様々な用途で利用されています。

日本の携帯文化ではあまり浸透しなかったSMSですが、浸透しなかったからこそビジネス利用をする価値があります。携帯ユーザーはSMSに頻繁に連絡が来ない、来る時は契約している通信会社やオンラインサービスを利用した際の認証コードのため、わざわざ受信通知をオフにしている人はあまりいません。SMSは自分に必要な大切なお知らせが届くという認識があり、届いても確認を後回しにされがちなメールと異なり、SMSは届いたらすぐに確認するという習慣があります。

ぜひこの機会に1通からでも始められるCM.comのSMS配信の利用をご検討ください。ご希望の方には無料トライアルをご案内しています。