BLOG

ブログ
ブログ

詐欺SMSと思われないための対策|リンクなしSMS配信の事例

せっかく送ったSMSをお客様から詐欺SMSと勘違いされていませんか?URLのクリック率の低さは詐欺SMSと思われてしまっていることが原因の可能性があります。本コラムでは実際に弊社クライアント様がおこなった詐欺SMSと思われない手法をご紹介します。

コロナで増えるフィッシング詐欺

フィッシング詐欺報告件数

フィッシング対策協議会の発表によると、新型コロナウィルスの混乱に乗じてフィッシング詐欺の件数が緊急事態宣言後に急激に増えています。フィッシング詐欺とは、有名企業を装って偽サイトへ誘導する電子メールやSMSを送信し、IDやPW等の個人情報を騙し取る行為です。頻繁に悪用される有名企業としては、誰もが利用している金融機関や大型ECサイト、配送業者があります。さらに2020年4月には一ヶ月あたりのフィッシング詐欺サイトとして報告されたURLの件数は4,283件にも上り過去最多となりました。

フィッシング詐欺被害はしばしばニュースで取り上げられ、有名企業が顧客へ常に注意喚起をおこなっていることから、消費者はURL付きのメールやSMSに対してより警戒心を持つようになりました。そして普段受信している信用している送信元のメールに記載しているURLしかクリックしないようになりつつあります。

そのため、休眠顧客の掘り起こしやリテンション目的、マーケティング目的で送られてきたメールやSMSは、受信者視点では普段メッセージを受信しない送信元のため不審に思われてしまうことがあります。会員登録後や予約後の完了通知SMSなら普段受信していなくても想定の範囲内のSMSのため受け入れやすいですが、それ以外の予期せぬ突然のSMSは受信者を驚かせてしまうことがあります。

弊社を始めとしたSMS配信サービス業者各社は、クライアント様のSMSがフィッシング詐欺だと受信者に思われないため、突然のSMSで受信者を驚かせないための工夫をご紹介しております。弊社では日頃より下記の3点をご案内しておりますが、今回は新たな手法を事例としてご紹介します。まずは従来の注意点をご確認ください。

 

SMSを送信する際の注意点

1.送信者名の表示を分かりやすく

SMSは送信者名を電話番号かアルファベットに設定できます。電話番号にするメリットとしてはお客様がメッセージを受信した時に電話番号から送信者を判断できます。デメリットとしては、一部のキャリアでは電話番号ではなく固定の4桁の数字に変換されてしまいます。

アルファベットにするメリットとしては電話番号よりも分かりやすく送信者を判断できます。デメリットとしては、同じアルファベットの文字列で他者も送れるため、なりすまし被害に遭う可能性があります。

2.メッセージ内で相手の名前と送信者名を明記する

詐欺SMSは相手の名前まで把握せずに不特定多数に一斉配信をしています。そのため、メッセージ内に受信者を記載しないケースが多いです。SMSでもメールのように「○○様」と送信者の正式名称を明記することでSMSの信憑性を高めることができます。

3.ウェブサイトで告知する

SMSでお客様へ連絡していることをウェブサイトで告知すると、受信者が不審に思って検索した際にその告知を見ることで安心できます。告知する際はどういう送信者名で送っているのか、どういう内容で送っているのか、URLを記載している場合はどういう文字列なのかをご案内すると良いでしょう。

以上がSMS送信時の注意点です。これらに加えて今回新たな手法としてご紹介するのが「SMSのメッセージ内にURLを記載しない」という使い方です。

 

SMSが詐欺っぽいと思われる原因

なぜ詐欺SMSと思われてしまうのか。受信者はメッセージのどの部分を不審に思うのか。実際に受信者が詐欺SMSで被害に合う場合はリンクをクリックした時です。クリックしただけでウイルスに感染することもあれば、クリックしてその先で個人情報を入力することで被害に逢います。そのため、受信者はURLがついたSMSを不審がると思って良いでしょう。

SMSにURLがない場合、メッセージに悪意がない可能性が非常に高く、お客様は安心して読むと推測できます。「お得な情報+URL」「緊急連絡+URL」は詐欺SMSの常套手段です。しかし、URLのない「お得な情報」「緊急連絡」は企業からの親切な連絡として受け入れられやすくなります。

URLを記載しないデメリットとしては、メッセージからすぐにお客様が情報にアクセスできない、コンバージョン経路をトラッキングできない点があります。しかし、せっかくお金をかけて送ったSMSを詐欺SMSと断定されてメッセージ内容自体を信じてもらえなかったら元も子もありません。SMSを送る目的のほとんどが売上向上です。その第一ステップとしては受信者にSMSを信じてもらうことです。このステップをスキップしていきなりURLを送りつけてしまうと効果が薄れてしまう恐れがあるでしょう。

このような受信者の立場に立って考えたSMS対策は初めてSMSを送る宛先に特に有効です。前述した従来の注意点を実施しつつ、以下の手法も取り入れるとお客様から警戒されにくくなります。

 

詐欺SMSだと思わせないメッセージ対策

1. URLなしでSMSを送る

今後もSMSで情報発信する旨やSMSに対する問い合わせの電話番号を記載しておく。

2. URLつきでSMSを送る

お客様のクリック率を確認し、反応が良い場合はURLつきで続ける。

3.2で反応が悪かった場合は再びURLなしで送る

この手法は飲食業界のクライアント様が実施した方法です。飲食店の場合、必ずしも予約がウェブサイトである必要がなく、予約手段としてお店の電話番号を記載することで予約したいお客様をスムーズに予約に結びつけることができました。

EC、美容サロン等その他の業界でも電話受付がある場合はURLではなくあえて電話番号だけ記載するとURLなしのSMSでもコンバージョンを期待できます。オンライン上での手続きが双方にとって便利なのでURLに頼りがちですが、客層やサービスによっては電話連絡が普通のケースもあります。その場合はSMSが信用されるまで電話番号の記載にしておくという手段も有効であることが今回の事例で分かりました。

SMSに記載しているURLのクリック率の低さにお悩みの場合は一度URLなしでの配信も検討されてはいかがでしょうか?