NEWS

ニュース
おしらせ

越境ECのEmailの代わりの最適なマーケティングツール

海外顧客に見られているのはEmailではなくSMS

日本でもEmailの開封率が低下しているこの頃ですが、海外ではEmailは日本以上に読まれていません。越境ECの担当者であれば痛切に感じているのではないでしょうか。では代わりに読まれているメッセージツールは何でしょうか。

実はSMSこそ海外の顧客に読まれている、もっとも身近なツールなのです。

なぜ海外ではSMSなの?

日本ではSMSをマーケティングに活用している企業はそう多くはなく、Emailがメジャーとなっています。しかし、海外ではEmailよりもSMSが多く利用されています。これはSMSの文化の違いが影響しています。

ガラケーの時代に私たちはキャリアメールという@ezweb.ne.jpや@docomo.ne.jpというキャリアから発行されるメールが主なコミュニケーションツールでした。一方、海外ではキャリアメールという概念がなく、その代わりにSMSがコミュニケーションツールとして利用されてきました。

スマートフォンに携帯電話が移行した現在でも、SMSは個人間のやり取りのみならず、企業と個人間の重要なコミュニケーションツールとしてマーケティングや通知などで利用されています。

実際、海外に行った際に飛行機やホテルの予約確認などでSMSを受信したことがある人は多いのではないでしょうか

チャットアプリでのマーケティングに考える前にSMS

スマートフォンの時代になり、LINEをはじめとして、What’sappやWechatなどチャットアプリがローンチし、世界中でユーザーが増加してきました。

ガイアックスさんの調査によると

LINEのユーザー数が国内では800万人

海外では

What’sappが15億人!!!!

Wechatが9億人!!!

越境EC事業者の皆様がチャットアプリでのマーケティングを考えるのも無理はないかと思います。実は、世界利用最多のWhat’sappと弊社CM.comはWhat’appビジネスアカウントの数少ないオフィシャルパートナーです。ブラドや企業がWhat’sappを通じてエンドユーザーにリーチするお手伝いをさせていただくことは可能です。(このお話はまた別の記事で)

ただ、実はWhat’sappビジネスはマーケティング利用は許可されていません。顧客との1対1のやりとりを実現できるのに対してLINEのような一斉プロモーションメッセージ配信をすることはできません。

また、チャットアプリはLineでもそうですが、エンドユーザーがアカウント追加(友達追加)をしないと当該ユーザーにリーチすることができません。このアカウント追加がプロモーション利用でハードルが高い一つです。

この点SMSは友達追加などが必要なく、電話番号さえあれば端末に送信することができるので、マーケティング利用に最適です。

 

クレームにならないか心配ですか?

よく質問をいただくのが、突然SMSを送ってクレームにならないかということ。

結論から言いますと、ルールを守ってさえいればクレームにはなりません。日本と違い海外ではユーザーはSMSは毎日のように受信しています。香港の弊社の同僚も毎日10通以上は受信しているとのこと。

また後日SMSの配信ルールについては書きますので、詳しく知りたい方はお問合せください。