BLOG
ブログ
ブログ

督促や代金滞納案内にはSMS配信が最適?確実に届けて未払金を回収へ

督促案内をSMSで受け取ったときのイメージ

督促業務や代金回収率、支払いの滞納をなんとかして、効率的に行いたい。クレジットカードや携帯電話の支払い期日を忘れさせないためにも、リマインドメールを送りたいなど様々な悩みがあると思います。その他にも電話やハガキだと見られていないのではないかと不安もあると思います。

SMS(ショートメッセージサービス)を活用することで、これまで時間をかけて回収してきた未払金や督促案内を効果的活効率的に行うことができるようになります。SMSを活用することで、身分が証明されている電話番号先にメッセージを送ることができるため非常に効果的です。

今回の記事では、SMSが支払いの督促におすすめの理由、電話・はがき・メールとの違い、SMS督促の成功事例を説明します。

督促には相手に確実にリーチするSMSが効果的

購入者や契約者の支払いが遅れている理由の多くは「うっかり忘れてしまっている」ということをご存知ですか?忘れてしまっているだけで、払う意志がある顧客には、郵送で督促せずとも、メッセージで支払いのリマインドをするだけで効果を期待できます。重要なのは、相手に確実に届くメッセージチャネルを選択すること。

携帯番号宛てに送るメッセージSMSはメールよりも開封率が高く、電話や郵送よりも低コストで手間がかかりません。そのため、督促や支払いのリマインドを行う連絡手段として最適です。

SMSが確実にリーチする理由

【理由1】携帯電話を持っている人に対して誰にでも送れる

SMSは携帯電話に標準搭載されている短いメッセージ機能です。格安SIM携帯などでSMSを受信できない契約をしている携帯以外、ほぼ全ての携帯電話で受信できます。チャットアプリのように企業と消費者が友達登録する必要なく、携帯番号さえ知っていれば、支払いに関するメッセージを届けられます。

【理由2】SMS受信時にポップアップ表示される

SMSを受信すると、スマホのホーム画面に受信通知がポップアップで表示されます。加えてSMSは全角70文字以内の短いメッセージのため、表示された瞬間に内容を察することができます。確実に相手に気づいてもらえて、内容まで把握されるので、SMSは督促のような重要な連絡に向いています。また、SMSの開封率が80%以上あるのは、ポップアップ表示が理由です。

【理由3】電話・はがきに比べて低コスト

督促の手段としてよく利用される電話・はがきは身近な連絡手段ではありますが、コスト面でのデメリットがあります。はがきの場合は送料や紙代などの費用がかかり、電話の場合は通話料や通話スタッフの人件費がかかります。

SMS督促はコストパフォーマンスが高い

SMSははがきよりも安く、送信相手別に内容を分けて一斉送信ができるため、手間もほとんどかかりません。メールの開封率が20%程度に対し、SMSは80%。電話の受電率も年々落ちているので、SMSのリーチ率は圧倒的です。

購入者、契約者の多くはうっかり支払いを忘れていたという人たち。郵便で督促状が送られてきても開封する時間がなかったり、知らない番号の電話に出なかったり、督促メールが受信ボックスで埋もれてしまって見逃していたり…様々な開封に至らない理由があります。

また、うっかり忘れの顧客にとって督促状は心理的プレッシャーになり、企業やブランドに対してネガティブな印象を持ちかねません。そこで、SMS督促をリマインドという温度感で送れば、顧客も気持ちよく支払いができます。

SMS督促で効率的な代金回収

CM.comのSMS送信サービスでは、メッセージに記載したリンクにクリックしたか否か測定できます。滞納している料金の支払い方法の詳細をリンク先として設定することで、SMS開封後リンクをクリックした人としなかった人に分類できます。

クリックしても未払いの顧客には電話を、クリックの形跡がない方には再送をするなど、SMS配信後の指標となるクリック率も回収指標の一つとして参考になるでしょう。

事実、当社のパイロットユーザーは未払金の33%をSMS督促で回収できました。督促に携わるスタッフは、郵便物のように準備の手間がなく、電話での対話で発生するようなストレスのないスムーズな業務を行えています。

SMSで配信する督促案内は、未払金を回収する手段としてだけでなく、働いているスタッフが効率的に働けるメリットもあると言えるでしょう。

もしPC(パソコン)からSMSを一斉送信できるサービスを使って、督促業務を効率化させたい方は、弊社にご連絡ください。各種利用用途や料金体系なども含めてご案内させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

CM.com最新情報