自動車業界でSMS活用へ!車販売や顧客フォローや対応手法を紹介

自動車業界SMS活用方法

近年、開封率やセキュリティの高さからさまざまな業界で、メールや電話に代わるツールとしてSMSが活用されています。そこで今回は、SMSにおける自動車業界の課題解決方法を紹介したいと思います。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

自動車業界でのSMS活用場面

到達率と既読率が高いSMSは、自動車業界における以下のような悩みを解決するために活用できます。

  • メールでの新車発表や試乗会、セールの案内が埋もれてしまう

  • 車検や点検案内を届けたいが、郵送のDMやはがきはコストが高い

  • 予約日に連絡を取りたいが電話がつながらない

  • ドタキャンや無断キャンセルを防ぎたい

新車発表や試乗会のお知らせ

車の販売店であれば、新車納入や試乗会への勧誘をSMSで案内する方法があります。メールでの案内では埋もれてしまう可能性が高いため、貴重な機会に参加してもらうには、確実に情報が届くSMSが効果的です。

車検・定期点検・キャンペーン等

車検や定期点検などの案内をハガキや電話で行っている方も多いと思いますが、SMSのほうがコストと手間をかけずに連絡できます。

車の整備や商品・サービスの案内

SMSでオイルやタイヤ交換、洗車の案内などを送ることで、既存顧客と接点を作る機会として活用できます。セグメント分をして一斉送信できるので手間もかかりません。また、郵送料のかかるDMと比べて、SMSは1通8.19円で送れるので費用削減にもなります。

来店予約のリマインドメール

来店予約のリマインドをSMSで前日や当日に一通送信するだけで、当日の無断キャンセルや予約忘れによる売上減少を防ぐことができます。たった1通のリマインドメールを車検や定期検査の数日前に送るだけで予約者は思い出してくれるので、SMSの事前・予約配信でキャンセルを防ぐようにしましょう。

自動車業界・販売会社がSMS導入で期待できる効果

自動車業界でSMSを活用すると、手間やコストの部分でメリットが得られるだけでなく、顧客側にも喜ばれます。

電話に要してた手間やコストが大幅削減

顧客一人ひとりに電話で案内していた場合、その連絡方法をSMSに変えれば架電業務の負担が軽減されます。電話をかけても、知らない電話番号からの着信には出ないという人や、仕事や運転中でタイミングが合わず出られないことがあり、電話での連絡は費用対効果がよいとはいえません。
SMSであれば、一斉送信も可能です。配信結果を確認し、開封していない顧客のみに電話対応をすることで、架電に費やしていた時間を大幅に短縮できます。

SMSでの連絡は顧客にとっても嬉しい

SMSによる通知やリマインドは、受信側にも喜ばれます。電話に出られなかった際に折返す必要がなく、メッセージであれば任意のタイミングで内容を確認できます。また、いちいち受信ボックスでメールを確認したり、郵送で届いた封書を開封する必要もありません。
予約日時がいつだったか、携帯電話さえあればすぐにメッセージを確認することができます。
また、車検などの予約が必要なときは、メッセージに予約ページへのURLを記載することができます。顧客自身も自分で電話したりメールを送ったりする手間をかけずに予約をすることができます。

まとめ

EC業界などで活用が進んでいるSMSですが、自動車業界においてもさまざまな場面で使用することができます。特に、若い人から高齢者まで年齢の幅が広い自動車業界には、ガラケーにもスマホにも送れるSMSは適しています。法人向けSMS配信サービスを使えば、コストや業務改善につながります。ぜひ一度お試しください。

SMSに関する情報はこちらへ

CM.comブログ編集部

CM.comブログ編集部

SMS配信や+メッセージ、WhatsAppなど各種チャネルや電子署名に関する情報を発信しています。

Topへ