PCRの検査結果連絡をSMSで一斉送信

メディックジャパンメイン

医療業界ではSMSの利用が進み、病院やクリニックにおいて、SMSを使った初診や定期検診の案内、診療予約日のリマインドを行う事例が増えています。

 

携帯電話宛に送ることができるSMSの利用は、コロナ渦においてもワクチン接種案内でも導入が進んでおり、多方面で役立っています。そこで今回は、新型コロナウィルスのPCR検査結果の通知連絡で弊社SMS配信サービスを導入していただいているメディックジャパン様に活用事例を伺いました。

株式会社メディックジャパン

担当者:高橋竜也

業種:衛生管理・救急救護サービス

事業内容:救急医療と感染症対策のスペシャリストドクターによる医学監修を受けた衛生救急サービスの提供

会社HP:株式会社メディックジャパンへ 

PCR検査の検査結果通知でSMSを導入

当社では撮影・イベント運営時において、新型コロナウイルス感染対策に特化した衛生管理サービスを専門的な医学監修の元、提供しております。事業展開の一環として、医療機関やPCR検査会社では、大量の検査結果の正確かつ簡易な連絡手法が課題の一つとなっていました。

 

各所で医療体制の整備が求められる中、当社では、撮影やイベントの関係者全員に対するPCRのスクリーニング検査結果を、弊社で提携している各医療機関から迅速かつ確実に届けることができる簡易な配信ツールを探していました。検査タイミングの間際に、多数の被験者のメールアドレスを間違いなく入手・リスト化することは様々な困難やクライアントへの負荷がかかるため、電話番号のみで送信可能なSMS配信サービスの利便性を感じました。

 

CM.comに問い合わせ後は、Mail SMSプラスを利用することで弊社が提携している医療機関から簡単にSMSでの配信ができることを知り、弊社ニーズに十分に対応できると考え、導入に至りました。また料金体系も完全従量課金制のため、必要なコストしか掛からなかったことも導入を決める上での一つの要素でした。

SMS受信時に被験者はPCR検査結果を即座に確認できる

弊社では独自の設定をしてもらいCM.comが提供するMail SMSプラスを利用して、PCR検査の被験者様宛にテキストメッセージと検査結果が確認できるURLを添付したSMSを送信しています。

受信者はSMSに添付されたURLをクリックするだけで陰性陽性の結果を即座に確認できるのでアクセスも非常に簡単です。また、各医院から被験者にSMS送信する時には、各医院が送信時に使用する送信元メールアドレスを登録するだけなので導入もスムーズでした。

導入後は、数十人への検査結果通知もSMSで一度に送信可能となったため、ひとりひとり個別に検査結果を送る必要がなく、業務改善に繋がっています。

適切な運営で少しでも安心できる環境提供の取り組みを

長期に渡り不自由な生活を強いられる国民と、逼迫した環境で日々奮闘している医療従事者への思いを胸に、各現場のニーズに応えられる効率的な運営を目指し、事業を展開していきたいと考えています。正確かつ迅速な検査体制の強化など、今後も医療現場の課題に取り組み続けることで、多くの困難を乗り越え、メンバーたちと奮闘していきます。

初期費用・月額費用0円から始められる!
8.19円/1通
日本を含む世界199カ国以上に配信可能
新型コロナのPCR検査やオンライン処方前後の案内をSMSで届けたい方はご相談ください