自筆だから安心・安全

電子契約・自筆電子署名ーCMサイン

日本の法律に準拠しているから安心して使える。
日本の契約作業をITでもっとスマートに。

電子契約や電子署名は安全なの?

CMサインは電子署名法の要件を充足
文書の成立真正の法律上推定が働きます

〜だから安心・安全な商取引が実現〜

第二条 この法律において「電子署名」とは、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に記録することができる情報について行われる措置であって、次の要件のいずれにも該当するものをいう。

一 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること。

二 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること。

第三条 電磁的記録であって情報を表すために作成されたもの(公務員が職務上作成したものを除く。)は、当該電磁的記録に記録された情報について本人による電子署名(これを行うために必要な符号及び物件を適正に管理することにより、本人だけが行うことができることとなるものに限る。)が行われているときは、真正に成立したものと推定する。

電子署名及び認証業務に関する法律」以下電子署名法とする

一部抜粋

 

電子署名法2条1項・3条の
文書の真正の適用要件

1.当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること

2.当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるもの

3.本人による電子署名(これを行うために必要な符号及び物件を適正に管理することにより、本人だけが行うことができることとなるものに限る。)

要件を満たす機能

CMサインが
信頼される理由

電子証明書で契約書を保護

契約書ごとのGlobal Signが認証局の電子証明書としてみなされ、なりすましや改ざんを防止します。

タイムスタンプでの証明

タイムスタンプの時刻が契約書が改ざんされていないことを証明します。

監査ログの提供

CM.comは利用企業様に監査ログを提供します。誰が、いつ、何をしたかの履歴を確認できます。

多要素認証でアクセス制限

メールアドレス、SMS認証の多要素認証で署名者のなりすましを防止します。

電子契約や電子署名は安全?

電子署名法の要件を充足
文書の成立真正の
法律上推定が働きます

〜安心安全な商取引が可能〜

第二条 この法律において「電子署名」とは、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に記録することができる情報について行われる措置であって、次の要件のいずれにも該当するものをいう。

一 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること。

二 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること。

第三条 電磁的記録であって情報を表すために作成されたもの(公務員が職務上作成したものを除く。)は、当該電磁的記録に記録された情報について本人による電子署名(これを行うために必要な符号及び物件を適正に管理することにより、本人だけが行うことができることとなるものに限る。)が行われているときは、真正に成立したものと推定する。

電子署名及び認証業務に関する法律」以下電子署名法とする

一部抜粋

 

CMサインを利用する法的メリット

CMサインの法的メリット

通常の自署のように
文書の成立の真正が推定される

民訴法228条では文書の成立の真正が認められていますが、CM.comの電子署名で締結された電子契約書も、電子署名法で電磁的記録であって情報を表すために作成されたものの成立の真正が推定れています。

 すなわち、電子文書の成立の真正が推定されていますので、従来の紙契約書と同じ効力を有します。

民訴法の文章の成立の真正の二段の推定の事実上の推定は判例で認められているため、電子署名法における文書の成立の真正における事実上の推定は、現在明確に認められていません。

しかし、CM.comの電子署名は自署のため、事実上の推定の問題にはなりません。

 

今なら契約書の数が無制限で使える

無料トライアル実施中