CMサイン/電子署名API

契約プロセスのデジタル化をサポート!
立会人型の電子署名なら「CMサイン」

まだ紙の契約書を利用していますか?

電子署名でコスト削減・効率化を

雇用契約書

人事の採用業務を効率化!従業員が多くても簡単に管理できます。

機密保持契約書

契約書が電子化されていれ過去の書類でもすぐに探せます。

同意書

固定フォーマットがある書類は電子署名に最適です。

注文書

顧客のFAXや郵送の手間を省け、期日内の返信率が上がります。

CMサインの特徴

CMサインはAPI連携やカスタマイズで自社利用並びに再販しやすい、柔軟性が非常に高い立会人型の電子署名サービスです。
日本の法律にも準拠して、設計されているので、安心してご利用いただけます。

■ 非改ざん証明

CMサインは立会人型の電子署名です。「誰が」「何を」「いつ」契約したか、技術的に証明します。締結済みの契約書にはAdobe Approved Trust ListのメンバーであるGlobalSignの電子証明書がつき、改ざんされた場合は電子証明書が剥がれます。電子証明書はAdobe Acrobat Readerでファイルを開くだけで 、誰でも簡単に確認できます。

■ 認定タイムスタンプ

CMサインはセイコーソリューションズのタイムスタンプを採用しています。タイムスタンプは、特定の時刻にその電子データが存在し、それ以降改ざんされていないことを証明する技術です。セイコーソリューションズのタイムスタンプは、日本データ通信協会から認定されており、強い証拠力を持っています。

■ SMS認証やSMSでの署名依頼

本人確実性、到達率、開封率の高いSMS(ショートメッセージ)を用いて、本人認証や署名依頼を送付できます。より安全な契約環境で、企業間だけではなく、企業と個人の間の契約も安心して行えます。もちろん、メールでの署名依頼にも対応しています。ご利用シーンや相手先に合わせて、SMSとメールを使い分けられれます。

■ 豊富なデジタル印鑑

個人の認印、企業の角印、代表者印、3種類のデジタル印鑑が作成できます。また、テキストや直筆署名にも対応。紙面上での契約書をデジタルで再現したことで、電子署名に慣れていない相手先も心理的に受け入れやすくなります。

■ 簡単API連携/多様な再販プラン

CMサインの電子署名APIは、簡単に様々なシステムと連携できます。自社で使っているソフトウェアへの連携はもちろん、他社へ提供しているソフトウェアへ実装して再販いただくことも可能です。人事や採用関連システム、受発注システムなどでご活用いただけます。リセラー向けの特別価格もご用意しておりますので、詳細はお問い合わせください。

>>電子署名APIの仕様書(英語)はこちら

3つの再販プラン

1. フルカスタマイズ

自社もしくは外部で開発しているクラウドソフトウェアに、電子署名をAPI連携で1つの機能として完全に組み込んで、自社のサービスとして販売できます。

契約書の作成画面から署名依頼メールまですべてカスタマイズ可能です。

2. ハイブリッド連携

自社もしくは外部で開発しているクラウドソフトウェアに、電子署名をAPI連携させてCMサインの管理画面を使えるようにし、自社サービスとして販売できます。

CMサインの管理画面は、自社ロゴやカラーでブランディングできます。

3. 紹介型(API連携なし)

CMサインの管理画面を代理販売する方法です。管理画面を自社のロゴやカラーでブランディングできるので、自社のサービスライナップとして見せることができます。

ユーザーはCM.comとの契約手続きが必要です。

CMサインの管理画面でできること

CMサインの電子契約ツール

 

契約書を登録

法務レビュー済みの契約書ファイルをCMサインへアップロードして登録。

 

署名欄を挿入

各署名者の日付欄、署名欄、イニシャル欄などをドラッグ&ドロップで挿入。

 

署名依頼を送信

署名期日を設定し、署名依頼をCMサインからメールやSMSにで送信。

 

契約書を管理

管理画面で未署名の契約書を管理。効率的に署名のリマインドを送信。

料金プラン