BLOG
ブログ
ブログ

メルマガ配信サービスの配配メールからSMSを簡単に送る方法

メルマガサービスからSMS配信する方法

メルマガ配信に「配配メール」を利用されている方も多いのではないでしょうか。しかし最近は、メール施策への限界を感じる声も多く聞きます。

もし開封率に課題があるのであれば、開封率90%のSMS配信を試してみてはいかがでしょうか。今回は、配配メールから簡単にSMSを送る方法をご紹介します。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

メルマガ配信なら配配メール

「配配メール」とは、株式会社ラクスが提供する、メルマガ配信・一斉メール配信サービスです。8000社以上の導入実績があり、メール配信システム利用者が選ぶ「費用対効果が高い」メールマーケティングサービスNo.1を獲得するなど、多くの企業に活用されています(株式会社ショッパーズアイ調べ 2021年4月20時点)。

配配メールは、メール配信とマーケティングオートメーション(MA)の中間に位置し、よりマーケティング課題に特化していながら、MAよりもシンプルかつ手軽、そして安価に利用できることが特徴です。具体的に以下のようなことができます。

<顧客リストの活用>

眠っているリストから新規検討の機会を生み出せる

<効果測定>

開封/クリック結果からコンテンツの評価ができる

<新規顧客開拓>

営業リストにメールを送り反応顧客に絞って活動できる

<MAツールの活用>

見込み客の発見に特化。シンプルに運用できる

メルマガ配信施策の課題とは?

配配メールのようなサービスを利用し、顧客との関係性強化や新しい商品の案内を行うメール施策は、メジャーなマーケティング方法として活用されてきました。しかし近年は、多くの課題が生まれています。

ITコミュニケーションズがB2Bマーケティングと共同で実施した「BtoB企業におけるeメールマーケティングに関する実態調査(2019年)」によると、「メール配信で計測している評価指標と重要度」は、クリック率が66.0%、開封率が64.9%でした。

しかし、23.4%の人が「期待する効果が得られていない」ことをEmail施策の課題としてあげています。また、33%の人が「配信・運用におけるリソース不足」も課題としています。

メールマーケティングおいて重要な、クリック率や開封率に関して思うような効果が得られていないと同時に、配信にかける時間や手間が確保できないという状況のようです。

メルマガ配信で開封率をあげたいならSMS

メールマーケティングにおいて開封率に課題を感じているのであれば、一度SMS(ショートメッセージ)配信を試してみてはいかがでしょうか。SMSの到達率・開封率は90%といわれており、確実に読まれるマーケティング施策として注目されています。SMSが読まれる3つの特徴をご紹介します。

メッセージが確実に届く

メールが読まれない・開かれない、という前に、「メールが届かない」という課題を感じている人もいるのではないでしょうか。その原因はメールアドレスの取得のしやすさや、複雑さにあります。

メールアドレスは誰でも簡単に取得できてしまうため、すでに使われていないアドレスも多くあります。また、アルファベットや記号を組み合わせてつくるためアドレスの記憶が正確ではなく、間違えて登録されることも多くあります。そのため、送信してもエラーで戻ってきてしまうという現象が多発します。 

一方で、SMSは電話番号だけで送ることができます。電話番号は、メールアドレスと違い簡単に取得できないため、頻繁に変更されることがありません。

また、自分の電話番号を情報を伝えるときに間違える可能性も高くありません。そのため、メールアドレスのように宛先不一致で送信できないということが起こりにくく、到達率が高くなります。

Eメールのように埋もれない

リーチ率だけでなく開封率も高くなるのは、SMSには「埋もれにくい」という特徴があるからです。SMSはメールと違って受信数が少ないため見落とされたり、未読のまま放置されることがありません。また、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられることもないため、読まれる確率が高くなります。

ポップアップ表示される

SMSはスマートフォンの通知設定をプッシュ通知に設定している人が多いため、SMSを受信するとポップアップで表示されます。これにより、受信者に気づいてもらいやすいこともSMSの特徴です。

配配メールから簡単にSMSを送る方法

「SMSを試してみたいけれど、これまでのメール配信に加えてSMS配信にかける時間がない」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。そのようなときは、SMS配信サービスを利用すれば送信の手間も省くことができます。例えば、CM.comが提供するSMS配信サービス「Mail SMS」を使えば、配配メールのメール配信機能から簡単にSMSを配信することができます。

Mail SMSとは

Mail SMSは、既存のメール配信システムを利用してSMSを配信できるサービスです。普段から利用しているGmailやYahoo mail、OutlookといったメールソフトウェアからSMSを個別・一斉配信することができます。もちろん、配配メールからでもすぐにSMSを配信することが可能です。

Mail SMSの利用方法

CM.comのMail SMSの特徴は、とにかく簡単であることです。難しい操作を覚える必要が一切なく、ITに関する知識が薄い人でもとまどうことがありません。

<利用方法>

①CM.comの設定画面で配信したいアドレスやドメインを入力する

②SMSで表示される送信者名を入力する

※アルファベットから始まる任意の英数字を3文字〜11文字まで自由に設定できます。

③ふだん利用しているメールソフトを開き、宛先にSMSを送りたい相手の【国番号+電話番号+@mail-sms.com】を入力する(複数同時に配信可能)

④本文にテキストを入力する

※日本語・中国語は70文字、アルファベットは156文字まで送信できます。

⑤送信ボタンを押す

Mail SMSのメリット

とりあえずお試しでSMS配信にトライしてみたいという方にも、Mail SMSは最適です。

初期費用0円、月額費用0円

Mail SMSなら無駄なコストをかけずに簡単に始めることができます。

初期費用、月額費用は一切かからず、SMSを送った通数だけ課金されるので、安心して利用できます。多くの企業様がまずは少ない通数から始めて、効果を実感してからSMS配信数を増やしたり、用途の幅を広げたりしています。

いつでもSMS配信ツールに移行できる

SMSの配信数が増え、「メッセージの配信履歴を管理したい」「他の機能を使ってみたいと」感じたら、すぐに「Mail SMS」からSMS配信ツールへ利用を切り替えることもできます。

CM.comの配信ツールは初期費用や月額費用がかからない従量課金制のため、Mail SMSと同じ料金体系で利用できます。

また「Mail SMSプラス」を利用すれば、長文のSMSを送信することも可能です。メール本文をランディングページに遷移させ、SMS一通の料金で670字以上の情報が送れます。本文に入力したテキストがランディングページとして生成され、そのリンクがSMSとして届く仕組みとなっています。そのため、長文の内容を大量に送りたい方も、低価格で配信できます。

メルマガ配信の配配メールからSMSを送信しよう!

開封率や配信リソース不足など、メールマーケティング施策に課題を感じている方はぜひ一度SMSを試してみてください。CM.comのMail SMSを利用すれば、配配メールのような既存のメールマーケティングツールを使用しならが、最低限のコストでSMS配信を試すことができます。

SMSに関する情報はこちらへ