BLOG

ブログ
ブログ

費用対効果を最大化させる!SMS配信サービスの選び方

SMS配信を二段階認証、督促、予約リマインド、発送通知などで利用する企業が増えています。ミック経済研究所の調査によると、2021年のSMS利用企業は、2015年の12倍にもなる見込みです。

SMS市場は急成長していますが、メールのように誰もが使っているツールではないため、配信の仕組みやどのようにサービスを比較検討すればいいかあまり知られていません。

ここでは、企業によるSMS配信の仕組みと配信サービスを選ぶ際の注意点についてご紹介します。

SMS(ショートメッセージサービス)とは

SMSとはショートメッセージサービスの略で、ほとんどのスマートフォン、携帯電話に標準搭載されているメッセージサービスです。

個人同士がSMSを送り合う際は、契約している通信会社の通信網を使って送られます。しかし、企業が個人にSMSを送る際はSMS配信事業者を通じてSMSを送ることになります。そして、SMSはSMS配信事業者が直接配信しているわけではありません。

SMS配信事業者は企業からSMS配信ツールを通じて受け取った配信先(電話番号)とメッセージのデータを通信会社へ送り、通信会社が保有するルートを介して個人の端末に届くようになっています。

SMS配信ルートには、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの国内キャリア直収接続と海外の通信会社を介す国際網接続があります。

SMS配信サービス選びの3つのポイント

SMS配信サービスを比較する時、以下の3つのポイントを押さえると、選びやすくなります。

1) SMS配信ルート

SMSの配信ルートは前述した通り、国内直収接続と国際網接続があります。メッセージの内容や配信先によってどちらのルートを利用した方がいいか変わります。

一般的には日本の携帯電話にSMSを送る場合は、国内直収接続の方が到達率がいいと言われています。しかし、国内直収接続はキャリアによる厳しいメッセージ審査があります。そのため、メッセージの内容によってはスパム扱いされ、SMSが届かない場合もあります。

一方、国際網接続は国内ほどメッセージ審査が厳しくないため、国内直収接続では届かなかったメッセージを届けられることもあります。到達率に関しては、実際に配信してみないと確実な数値は分からないので、SMS配信サービスを選定する際は両方の配信ルートを保有している事業者を選ぶといいでしょう。

2) 送信者名表示

SMSはメールのように自由に送信者名を設定できません。SMSの送信者名は電話番号もしくは11桁の英数字で構成する必要があります。実はどの配信ルートを選ぶかで表示方法が変わってきます。

詐欺SMSが増えている影響で、受信からは詐欺ではないSMSも疑いの対象になっています。SMSの開封率を上げるためには、受信者にとって分かりやすい送信者名に設定することも重要です。

SMS配信サービスによっては、英数字表示は追加料金、送信者名を変更すると手数料がかかります。柔軟にSMS配信を行うためには、送信者名表示をどのように提供しているのか、各事業者に確認を取ることをおすすめします。

国内直収接続のSMS送信者名

  • 電話番号表示
  • ソフトバンクの場合は2から始まる共通番号になります。

国際網接続のSMS送信者名

  • 11桁の英数字表示
  • 1桁目は必ずアルファベットで始まる必要があります。

関連記事:「SMS送信者名はアルファベット表示がおすすめな理由」

3) SMS配信方法

SMSを配信するためには、大きく分けて2通りあります。1つはSMS配信事業者が提供しているSMS配信ツールからの配信。もう1つは、SMS配信APIを他システムと連携させる方法です。

一番簡単でスタンダードな方法はSMS配信ツールです。ツールの使い勝手はサービスごとに異なるので、導入前に管理画面を見せてもらったり、体験版に触れたりしましょう。直感的に操作できるツールの方が、社内での使い方の共有が簡単です。また、たまにしか配信しない場合も、いちいちマニュアルを読む返す必要がないので便利です。

二段階認証や自社システムからの配信を希望される場合は、SMS配信APIを使うことになります。こちらも導入前に公開されている仕様書を確認して、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

CM.comのSMS配信サービスの特徴

ご紹介した3つのポイントに沿って、当社のサービスをご紹介します。比較検討の際に、ぜひ参考にしてください。

1) 配信ルート

当社は国内直収接続と国際網接続の両方を提供しています。世界1,000社の通信会社とコネクションがあり、たくさんのルートを保有しています。日本だけではなく、199ヶ国にSMSを配信できるので、海外展開されているアプリやサービスの二段階認証や通知でも問題なくご活用いただけます。

2) 送信者名表示

当社では電話番号表示と英数字表示、どちらも設定可能です。英数字表示に対してオプション料金や変更手数料は一切かかりません。初めてSMS配信を導入する企業は、どの送信者名が一番効果があるか試しながら利用できるメリットがあります。

3) SMS配信方法

当社ではSMS配信ツールとAPIの他に2つのオリジナルサービスを提供しています。普段使っているメールソフトからSMSが配信できる「Mail SMS」とSMS認証専用のA「SMS認証API」があります。

SMS認証APIは、SMS配信、パスワード生成、認証がひとつなっているので、SMS配信だけのAPIよりも簡単に二段階認証を実装できます。詳しくはSMS認証APIの仕様書をご確認ください。

まとめ

「SMS配信 比較」で検索すると、さまざまなSMS配信事業者が出てきます。それぞれを見ていくと、国内直収接続を強みとする事業者、価格を全面に出している事業者、提供ツールの利便性を事業者があります。

SMS配信の相場は10円〜15円です。当社のように10円を切っているSMS配信サービスもありますが、メール配信と比較すると高いのが現状です。そのため、各社の強みを比較し、想定している配信用途で一番効果が出せるサービスを選んで、費用対効果の高いSMS配信を実現させましょう。

Aya Higuchi

Aya Higuchi

Digital Marketing Manager, CM.com