BLOG
ブログ
ブログ

SMSで写真・画像は送れないを解決する配信方法とは

女性が外でスマートフォンを操作している様子

メールやLINEでは簡単に写真、画像、動画を送れることは広く認知され、多くの方が送り方を知っています。

SMS(ショートメッセージサービス)からは画像が送れない?どうすれば動画やイメージを送るのことができるだろうか悩んでいる人は多いかもしれません。

実際はSMSでも配信方法によっては、視覚的伝わりやすい写真やイメージを添付したリッチコンテンツをショートメッセージと共に送信することができます。

今回の記事ではSMSを活用して写真や画像を送る方法以外にもLINEや+メッセージのようなリッチメッセージを送れる配信サービスを比較表を紹介します。

この記事を読むことで、顧客へどのように効果的な魅力的なオファーをSMSで配信できるかのかを知ることができるでしょう!

SMSで写真や画像が送れない場合は?

SMSの利用方法は、大きく分けて2パターンあります。

1つが個人の携帯から個人の携帯へ送る、P2P(Peer to Peer)という利用方法があります。

2つ目が企業から個人の携帯へ送る、A2P(Application to Peer)という利用方法です。今回は企業が個人の携帯へ写真や画像を送る方法についてご紹介します。

結論としては、一般的なSMSでは画像を送信できません。

SMSは基本的に全角70文字以内のテキストメッセージのみを送信するサービスです。そのため、SMSでは画像は送れないと諦めている方もいるでしょう。

しかし、SMSを工夫したり、SMSの派生サービスを利用したりすることで写真や画像、動画などのリッチコンテンツが送れるようになります。

ショートメールで写真や画像を送る場合はPageを利用

一番シンプルでよく使われる手法が、メッセージに写真や画像が確認できるURLを張り付ける方法です。インターネット上に上げている画像の直リンクを張る方法と画像が掲載されているウェブサイトを張る方法とあります。いずれもインターネット上に上がっている必要があります。

そのため、SMSを送信する担当者は、サーバーに画像をアップロードする方法やウェブサイトを更新する方法を知っていなければなりません。画像がネット上どこにも公開されていない場合はハードルが高い方法です。

しかし、SMS配信サービスによっては、簡単に画像をインターネット上に公開し、URLを取得できる機能があります。

CM.comには、モバイル専用のランディングページを作れる「Page(ページ)」という機能があります。写真や画像、動画、テキストをドラッグ・アンド・ドロップで配置して、簡易的なウェブサイトを作れるため、視覚的にメッセージを届けたい方には最適なツールです。

下記は、ページを使って、ブランドの世界観やメッセージで伝えきれなかった情報を記載したランディングページを作成しているデモ動画です。ドラッグ・アンド・ドロップで簡単に作れます。ウェブ制作の知識やコーディングの知識は一切不要です。

 

ランディングページ作成機能「Page」の使い方

SMSで写真や画像を同時に配信したい方は以下から詳細をご確認ください。

SMSで写真や画像を送るメリット

まずSMSは一般的に到達率は90%、開封率は80%以上と言われており、企業が個人へ連絡する際に有効なメッセージサービスとして考えられています。

通常のSMSではリッチコンテンツと言われる写真や画像を送ることができませんが、URLを張り付けるなど工夫を凝らすことで顧客に魅力的なメッセージを届けることができます。それ以外にも+メッセージやiMessageなど別のアプリケーションを利用したりすることで視覚的に訴えやすいものを送ることができます。

反応しやすく、視覚的にわかりやすい

写真や画像を送るメリットとして、文字だけでは伝えきれない視覚的な情報を確実に届けられます。

例えば、商品の色や形、サイズ感は文字だけではなく写真があった方がイメージしやすいでしょう。また、画像や写真があると、会社やブランドの世界観を表現できます。

商品・サービスの世界観やブランドイメージを動画や画像などで伝えることで、テキスト以外の魅力を顧客に伝えることができるでしょう。

サービス体験の向上

顧客にとって有益で利便性の高いリッチコンテンツ送ることで、結果的にブランドイメージアップやユーザビリティの向上にもつながります。顧客のニーズに応える有益な情報を提供することで、今後の売上やサービスの継続利用に影響を与えます。顧客が興味・関心を頂き続けるメッセージを届けることが大切でしょう。

+メッセージとSMS配信の事例

+メッセージを利用する場合

SMSの進化版+メッセージ(プラスメッセージ)を利用すれば、写真や画像などのリッチコンテンツを送れます。+メッセージはNTTドコモ(docomo)、KDDI(au)、ソフトバンク(softbank)の大手通信会社が共同で提供しているサービスで、携帯番号宛にコミュニケーションメッセージを送れるサービスです。

従来のSMSのように携帯番号宛てにメッセージを送れる点に加え、写真や画像、動画、位置情報、PDFファイル、スタンプなど様々な情報が送れます。

LINEと機能が似ていますが、最大の違いは、エンドユーザーがアカウント登録なしでプラスメッセージを利用できる点です。プラスメッセージのアプリをスマホにインストールすれば、ログインなしですぐに使えます。

>>+メッセージ(プラスメッセージ)法人アカウントの詳細はこちら

メッセージ配信サービスの比較表

 

+メッセージ

SMS

LINE

テキスト・絵文字

全角2,730文字全角70文字

500文字

※一般利用は1万文字

写真・画像

スタンプ

ファイル(PDF等)

音声メッセージ

位置情報

エンドユーザーのアカウント登録

不要不要

必要

法人アカウント

 

iPhoneやAndroid端末で画像を送る方法は?

また、プラスメッセージの他にiPhoneのメッセージサービスiMessage(アイメッセージ)を使っても写真や画像が送れます。プラスメッセージはアプリをダウンロードすれば、iPhone(アイフォン)でもAndroid(アンドロイド)でも使えますが、iMessageはiPhone限定のサービスです。

iPhoneならApple Business chat

iMessageを利用して個人間でテキストや画像の送受信はもちろん、Apple Business Chatと呼ばれるiMessage専用の法人アカウントもありますiMessageはMMS(MMSはマルチメディア・メッセージング・サービスの略称。)と混同されやすいサービスですが別物です。

例えば、@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jpなどといった通信会社独自のドメイン(キャリアメール)でメッセージの送受信を行えるものです。※ドコモはMMS非対応。

一方、iMessageはApple製の端末同士でメッセージのやり取りができるiOS限定のサービスです。iPhone上ではMMSとiMessageのインターフェイスが似ているのため、混同しやすい仕様となっております。

iPhone上でiMessageとMMSを見分ける方法として、吹き出しの色があります。iMessageの場合は青色、MMSの場合は緑色でメッセージが表示されます。iPhoneユーザーがAndroidユーザーにiMessageを送った場合、自動でSMSもしくはMMSに切り替わります。

Apple Business ChatはiMessage上に開設する法人アカウントのため、iPhone、iPadなどiOS端末ユーザーの顧客とやり取りができるメッセージチャネルです。

iPhoneユーザーの多い日本では、今後Apple Business Chatの需要も期待できます。写真や画像を送れるだけでなく、iMessage上で商品カタログを表示し、Apple Payで支払いできる機能もあります。

顧客はメッセージ画面とウェブブラウザを行ったり来たりする煩わしさがなく、シームレスな購買体験が得られます。

SMSで写真や画像を送れないを解決してメッセージを届けよう!

SMSで写真や画像は送れない?と困っていた方や送信方法を探していた人は解決しましたでしょうか。

個人利用ではSMSで写真を送ることはできませんが、法人利用としてCM.comを利用することで、テキストと合わせて画像や動画を送ることができます。

 

CM.comでは、ショートメッセージ専用のランディングページ作成機能がついたSMS配信サービスだけでなくAndroidとiPhone両方で使える+メッセージ、iOS限定のiMessageの法人アカウントを提供しています。

SMSで写真が送れずに悩んでいる方は、どうぞお気軽に以下のお問い合わせボタンからご連絡ください。資料や詳しい料金についてご案内します。

SMSお役立ちブログ