BLOG
ブログ
ブログ

誰でも簡単!SMSをパソコンから送る方法3選

女性がパソコンとスマートフォンを操作している様子
SMS(ショートメッセージサービス)はガラケー時代から存在し、スマートフォンが普及している今でも、世界中で利用されています。日本ではSMSのビジネス利用が注目され、2015年は1億通だったのに対し、2019年は9.2億通まで伸びました。この記事では、SMS配信を検討中の企業に向けて、SMSの基本とパソコンからSMSを配信する方法をご紹介します。

SMS(ショートメッセージサービス)とは

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略称で、1984年にフィンランドで誕生しました。日本では1997年から携帯電話に搭載され、ガラケーからスマートフォンに移行した今でも、ほぼすべての端末に標準搭載されています。

モバイル専用のメッセージチャネルはSMSの他に、キャリアメール、LINE、カカオトーク、Facebookメッセンジャー、Twitter DM、インスタグラムDMなどがあります。しかし、いずれもその次代の流行りで使っている年代層が異なります。

キャリアメールにおいては、LINEのようなインスタントチャットが主流になってから、ほとんど使われなくなりました。2020年にドコモが発表した新料金プランのahamoでは、キャリアメールはサポートされないと明示され、ますます利用者が減る見込みです。

そんな中、SMSは日本を含む世界中で存続しています。キャリアメールはLINEと置き換えられますし、LINEも他のインスタントチャットと置き換えらます。しかし、SMSだけは他のメッセージチャネルに置き換えられません。その理由はSMSの特徴が物語っています。それでは、SMSの特徴について解説していきます。

圧倒的!SMSの4つの特徴

なぜSMSは他のメッセージチャネルと置き換えられないのでしょうか?また、なぜビジネス利用として活用されはじめているのでしょうか?その理由はSMSの4つの特徴にあります。

【1】到達率90%以上

SMSの到達率は90%あります。国内の通信キャリアと接続する配信ルートを利用すれば、到達率率は99%に上昇します。その理由として、2006年に施行されたMNP(ナンバーポータビリティー)制度により携帯番号を頻繁に変更するユーザーが減った、申込フォームへの入力間違えがメールと比較して少ないなどが挙げられます。

【2】開封率80%以上

SMSは受信時にポップアップ表示されるよう、スマホ上で初期設定されています。そのため、多くのユーザーが受信と同時にメッセージを開封する傾向があります。メールやLINEは日々の受信数が多いため、ポップアップ表示をオフにしていたり、確認を後回しにされたり、他のメッセージに埋もれたりします。しかし、日本では滅多に受信しないSMSは受信と同時に確認するユーザーが多く、結果として高い開封率が実現されます。

【3】クリック率20%以上

SMSにはURLを張り付けられます。そのURLのクリック率は20%以上あり、弊社蔵アント様は40%以上を記録したこともあります。メールのクリック率は数パーセンしかないので、圧倒的にクリック率が高いと言えます。しかし、最近は詐欺SMSの影響で、SMSのURLに警戒しているユーザーも少なくありません。クリック率を高めるためには、メッセージの内容を工夫する必要があります。

※関連記事:【失敗しないSMS配信】詐欺だと思われないSMSの書き方

【4】本人確実性

SMSは本人確実性が高いのも特筆すべき特徴です。携帯電話は契約時に必ず本人確認を実施するため、なりすましが難しく、携帯番号へのメッセージはほぼ確実に本人に届きます。また、前述した通りMNP制度ができてから携帯番号を頻繁に変えるユーザーが少ないので、送信エラーが起きにくくなっています。確実に本人届くため、SMSは二要素認証として様々なオンラインサービスで導入されています。

パソコンからSMSを送る方法

ビジネスでSMSを利用する際、携帯端末から送信していると莫大な時間がかかります。そのため、企業はSMSゲートウェイサービスを利用して、パソコンからSMSを送っています。SMSゲートウェイサービスとは、SMSを送りたい企業と通信会社の間に位置する、いわゆる「SMS配信サービス事業者」です。

実は企業がSMSを配信する場合、直接通信会社を利用することができません。SMS配信サービス事業者を経由で配信ルートを確保し、パソコンからSMSが送れる環境を構築します。この説明を聞くと、SMS配信は複雑で難しいように感じるかもしれません。

しかし、実際はSMS配信サービスと契約して、その会社が提供しているSMS配信ツールやAPIを利用するだけで配信できます。メール配信と同じ要領でパソコンからSMSが配信できるので、ITに関する技術的な知識は必要ありません。ここでは、パソコンからSMSを送る方法を3つご紹介します。

【1】SMS配信ツールで一斉配信

SMS配信サービス事業者が提供している、専用ツールを使って配信する方法です。最近はインストール不要のオンラインで使えるものが多いのが特徴。作業としては、SMSを配信したい携帯番号のリストをツールに登録し、送りたいメッセージを入力するだけです。ツールによって、SMSに張り付けるURLを自動で短縮できたり、モバイル専用のランディングページを作ったりできます。

【2】メールソフトから一斉配信

OutlookやGmailなど、普段使っているメールソフトからSMSを配信する方法もあります。このサービスはCM.comだけのオリジナルサービスではありますが、配信ツールを使うより簡単です。

いつも相手のメールアドレスを入力する宛先欄に「国番号+携帯番号@mail-sms.com」と入力するだけ。SMSを送るためにわざわざ配信ツールにログインする必要もなく、ツールの使い方を覚える必要もありません。利用する前にSMSを送信する人のメールアドレスもしくは会社ドメインを、当社にご連絡いただくだけで設定が完了します。

【3】API連携で基幹システムから一斉配信

自社で使っているCRMやMAなどがあれば、そちらとSMS配信機能をAPI連携させることも可能です。ただし、こちらは利用企業側がAPIを使って送れるように設定をしなければなりません。社内に開発者がいる場合や頼れる外注先がある場合におすすめの方法です。メリットとしては、メールソフトから送るのと同様に、わざわざSMS配信ツールにログインする必要がなく、社内ツールを一元化できる点です。

パソコンからSMSを送る時の注意点

SMS配信をする企業や担当者は、以下の点に注意しましょう。

【1】SMSは特定電子メール法の対象

パソコンからSMSを送れるようになったら、後は携帯番号リストを作って送るだけ…ではありません。SMSは特定電子メール法が適用されるため、ガイドラインの遵守が求められます。メールマガジンのような、マーケティングや宣伝目的のSMSは、オプトインの取得が必要です。

オプトインとは、ユーザーから事前に配信の承諾を得ることを指します。その逆を意味するオプトアウトという言葉あり、こちらはユーザーが配信停止を希望する行為や配信停止を希望したユーザーを指します。

特定電子メール法では、オプトインの取得とオプトアウト方法の記載が義務付けられています。詳細は一般社団法人日本データ通信協会のガイドラインを参照ください。

【2】SMS本文に送信者名を明記する

SMS配信に国内直収ルートと呼ばれる、大手3キャリアのルートを利用した場合、送信者名が電話番号(ソフトバンクの場合は2から始まる5桁の数字)が表示されます。そのため、ユーザーは誰から届いたSMSなのか判別できません。差出人不明のSMSは開封率やクリック率が下がるので、企業名やブランド名をメッセージ内に入れることを心掛けましょう。

国際網接続と呼ばれる、海外の通信キャリアの配信ルートを利用すれば、送信者表示を11桁のアルファベットと数字に設定できます。電話番号表示とアルファベット表示、どちらがいいか検討したい場合は、下記ブログをご参照ください。

※関連記事:SMSの送信者名は電話番号とアルファベット、どちらがいい?

【3】受信者の名前を挿入する

詐欺SMSがテレビニュースで取り上げられるようになってから、SMSに対して不信感を抱いているユーザーがいます。自社のSMSが詐欺SMSと勘違いされない工夫として、メッセージ内に、「○○様、」と相手の名前を入れる方法があります。

メッセージに名前が入るだけで信頼度が上がり、本物SMSだと認識されやすくなります。また、SMSを受信した際に「〇〇株式会社 SMS」と検索するユーザーもいます。ウェブサイトにSMS配信に関する案内ページを作っておけば、ユーザーの検索に引っかかり、本物のSMSだと安心してもらえます。

【4】簡潔明瞭に全角70文字で伝える

SMSは全角70文字の短いメッセージですが、全角600文字以上の長文を送ることもできます(最大文字数は利用するSMS配信サービスによって異なります)。しかし、それでも1通を全角70文字以内におさめることをおすすめします。

SMSはLINEのように吹き出しで表示されるため、長いと読みづらくなります。また、ポップアップ表示ではメッセージの冒頭しか確認できないので、内容が最初の1行で分からないメッセージは開封率が下がります。一度のメッセージで伝えたい内容を1つに絞り、簡潔明瞭なSMS配信を心掛けましょう。

SMS配信サービスの選び方

SMS配信サービスは大手と中堅で15社ほどあります。小規模なサービスも入れるともっとあります。それぞれが提供するSMS配信ツールには大きな差はありませんが、絶対に押さえておきたい選定基準が3つあります。

【1】到達率に影響!SMS配信ルート

SMSの到達率を支えているのは、配信ルートです。配信ルートは大きく分けて、国内直収と国際網接続の2種類があります。NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIのルートを使う国内直収が最も到達率がよいとされていますが、送信者表示が電話番号(ソフトバンクの場合は2から始まる5桁の数字)に限定されます。

一方、国際網接続は到達率がやや下がりますが、送信者名表示をアルファベットにできます。ユーザーは送信者がすぐに分かるので、アルファベット表示は到達した後の開封率に良い影響を与えます。

また、そもそも日本国内ではなく海外にSMSを配信するケースにおいては、海外の通信会社とコネクションを多く保有しているSMS配信サービスを選ぶといいでしょう。

【2】相場をチェック!SMS配信コスト

日本国内のSMS配信は1通8円〜15円が相場です。6円以下の格安で提供しているサービスもありますが、料金適用において最低配信数などの条件があります。また、国内直収と国際網接続で料金を分けているところもあるので、確認をしておきましょう。

また、SMSは国によって配信コストが異なります。アメリカは0.6円/1通、韓国は5円/1通です。目的は海外配信なのに、日本国内と同じ料金と勘違いしてコスト面で断念している方もいるほど、海外のSMS配信コストについて知られていません。

配信コストではないのですが、国際網接続にして送信者名をアルファベットにする場合、別料金を課しているサービスもあります。配信コストだけではなく、トータルでいくらかかるのか、しっかり計算しましょう!

【3】用途の幅が広がる!+アルファのSMS機能

SMSを送るだけなら、各サービスに大差はありません。しかし、SMSでできることは短いメッセージ送るだけではないのです。+アルファの機能を使ってアンケート調査を実施したり、商談予約や申込みを受付けたりできます。その+アルファの機能とは、モバイル専用ランディングページの作成機能です。これがあれば、アンケートも予約申込みも簡単に実施できます。

ランディングページ機能付きSMSの詳細はこちら

早速パソコンからSMSを送ってみよう!

CM.comのSMS配信サービスは、国内直収・国際網接続に対応し、世界199ヶ国に配信できます。どの配信ルートでもコストは1通8.19円、送信者名の設定や変更手続きに追加料金は発生しない、シンプルな料金プランです。

世界的に有名で、月間ユーザー数3億人超えの巨大SNSがCM.comのSMS配信サービスを二段階認証や通知で使っているほど、安定したSMS配信を実現しています。

パソコンから配信する方法として、SMS配信ツール、メールソフトから配信できる「Mail SMS」SMS配信APIを展開しているので、無料トライアルをご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

    詳細なサービス内容はお問い合わせください

    メールフォームからお問い合わせされる方は、下記の欄に記入して「確認する」をクリックしてください。

    必須

    お問い合わせ内容

    必須

    会社名

    必須

    ご担当者様名

    必須

    メールアドレス

    必須

    電話番号