ジョブカンのメール認証をSMSでするには?Mail SMS+利用で実現可能に

従業員の勤怠管理に「ジョブカン」を利用されている企業も多いかと思います。ジョブカンの多要素認証をSMSを利用して行いたいという問い合わせが増えています。ジョブカンだけでなく、勤怠管理や採用管理ツールへのメール認証をSMSで配信したいというニーズが増加中です。そこで今回は、ジョブカンなどのメール認証をSMSで行う方法をご紹介します。

 

メールアドレス宛の認証コードを携帯電話に届けたい

企業では、ジョブカンや社内で利用する多要素認証のために、従業員のメールアドレス宛に認証コードを送信し、サービスへログインしてもらう必要がある場面が想定できます。

しかし、以下の理由からメールアドレス宛ではなくSMSでメッセージを送りたいというニーズがあります。

 

会社メールアドレスを所有していない人がいる

会社メールアドレスをすべての関係者に提供していない企業もあるかと思います。社用のメールアドレスを持っていない人に対しても、業務で使用してもらいたいサービスログイン時には認証が必要なので、既に取得している携帯電話番号に認証コードを送りたいという要望があります。

会社へ個人メールアドレスを開示したくない

会社に個人メールアドレスを開示したくない従業員は多くいます。その際、業務上SMS認証が必要なため、携帯電話番号をメールアドレス化して従業員にSMSを送りたいというニーズが聞かれます。

 

Mail SMS+ならメール認証をSMS配信できる

CM.comが提供するSMS配信サービス「Mail SMS+」を利用すれば、ジョブカンのメール認証をSMSで送ることができます。ジョブカンログイン時に、他社システムからメールで配信される認証コードをSMSに変換し、特定の従業員に自動で送信することが可能です。

大前提として携帯電話番号の取得が必要ですが、社用メールアドレスを付与していなかったり、個人のメールアドレスを教えてもらっていなかったりしても、SMSで認証コードを送信することができます。

 

Mail SMS+で届けるメリット

ジョブカンの認証をSMS+で送るメリットをご紹介します。

 

すぐ手元に届くのでアクセスしやすい

SMSは常に所持している携帯電話に送信されるので、気づかれやすく、アクセスしやすいといった特徴があります。

携帯電話の標準機能で受信できる

基本的にSMSは携帯電話に標準搭載されているため、メッセージを受信するためにアプリをダウンロードしたり、新しい設定をしたりする必要がありません。スマートフォンだけでなくフューチャーフォン(ガラケー)にも送信可能です。

文字数制限がない

SMSで送れる文字数には制限がありますが、Mail SMS+では、メール認証用に送られらたメール文面をランディングページで表示するため、文字数制限は関係ありません。どんなに長い文面でも1通分のSMS配信量で済むため、余分なコストもかかりません。

 

ジョブカンや他社システムから配信されるメールをSMSで

Mail SMS+を利用することで、ジョブカンや他社システムから配信されるメールをSMSで配信することができます。Mail SMS+は、CM.comが指定したドメインに送信したい携帯電話番号をメールアドレス化してSMSを届ける仕組みです。ジョブカンで送信されているメール認証をSMSで送信する場合は、当社で設定する必要があるため、ジョブカンや他社システムから送信されるメールをSMSに届けたいと考えている方は問い合わせフォームからご連絡ください。

ジョブカンのSMS利用以外のSMS利用はこちらへ

CM.comブログ編集部

CM.comブログ編集部

SMS配信や+メッセージ、WhatsAppなど各種チャネルや電子署名に関する情報を発信しています。

Topへ