BLOG
ブログ
ブログ

LINEの代替案は?SMSと+メッセージ配信サービスがおすすめ

LINE行政サービス停止からSMSへ

2021年3月19日(金)、総務省から無料通信アプリ「LINE(ライン」の行政サービス停止措置が一斉に報道されました。既に大阪府ではLINEアカウントを使用した行政サービスを一時停止するなど、各自治体は対応に追われています。

LINEの代替案として声が上がっているのが、携帯大手3大キャリアなどで使用できるSMSと+メッセージ(プラスメッセージ)を活用した情報配信サービスです。 いずれも基本的な機能として、LINE同様にメッセージを送受信することができるため、オンライン行政窓口としてコロナワクチンや自然災害などの情報案内ができるでしょう。

そこで今回はSMSと+メッセージを行政サービスで活用することで、登録者にどのようなメリットがあるのかを記事で紹介していきます。

なぜLINEでの行政サービスは停止に?

近年ではLINEが重要なコミュニケーションツールとして浸透しています。

地域に居住する方はLINEを経由して、オンライン行政手続きや地域情報の取得をしています。

例えば、地域や政府から地域情報発信を公式アカウント登録者へ、定期情報や重要なお知らせを配信されていました。そのため、今回の個人情報保護に関するニュースは大きな話題を呼んでいます。

今回の問題はLINEシステム管理の委託先である中国企業がLINE利用者の名前や電話番号といった個人情報にアクセスできる状態であったことです。

LINEを活用した行政サービス事例

  • 新型コロナウィルスの感染情報
  • 保育所の入所申請
  • 住民からの相談業務
  • 粗大ゴミの収集案内
  • コロナ禍の追跡確認
  • 帰国者の健康モニター
  • 市政情報に対する問い合わせ
  • 公共料金の支払い
  • 採用活動

様々な取り組みが各自治体、総務省、厚生労働省などで活用されています。しかし、今回の件によって、情報セキュリティへの脆弱性が浮き彫りとなり、より安全・安心なサービス提供が求められました。

LINE停止で行政サービスはSMSや+メッセージへ

早急に導入できる代替案の一つとして考えられる解決策はSMSと+メッセージの併用です。
両サービスは非常に親和性が高く、今後の行政手続きの助けとなるツールになると考えられます。

例えば、SMSでコロナワクチン接種案内、マイナンバー発行のお知らせ、緊急時の対応方法の連絡をショートメッセージを送信。また、+メッセージではLINEのように写真や動画、スタンプを活用した情報発信を行うことができます。

両サービスともに、法人・各行政機関から個人向けにメッセージの送受信を行うことができ、住民と接点が持てるコミュニケーションチャネルとして活用できます。

なぜLINEの代替案はSMSと+メッセージの併用なのか?

+メッセージとSMS配信の事例

SMSと+メッセージを併用することで相互補完できます。

従来、SMSでは短文(1通あたり最大70文字)での情報案内でしたが、+メッセージを併用することで、長文(1通あたり最大2730文字)のテキスト配信をすることができます。

さらにLINE同様に写真や動画といったリッチコンテンツやスタンプを送信することもできます。

しかし、+メッセージはAndroid ユーザー向けに提供されたこともあり、iPhoneユーザーのインストール率は3割程度です。そのため、アプリをインストールしているのみしか配信できないという難点があります。

そこで残りの7割を補うことができるのがSMS配信です。SMSは携帯電話に初めから有しているため、アプリをダウンロードする手間が必要ありません。電話番号を知っている方に対して、誰にでも送信することができます。

また、携帯電話契約時に身分証明を行っているため、ほぼ確実に本人宛にメッセージを配信できます。

加えて、80%以上の開封率を誇るため、多くの方に情報を読んでもらえることが大きな特徴です。

CM.comが提供するSMS配信の特徴

当社のSMS配信はショートメッセージを送るだけでなく、画像やサービス動画などを追加できるランディングページ作成機能(Page)、普段利用しているパソコンからメールSMS機能(Mail SMS)、文字数制限を気にすることがなく送れる独自サービス(Mail SMS+)などを提供しています。

併せて、+メッセージと当社SMS配信サービスを活用することで、従来LINEアカウントで提供してきたサービスを補完することができます。

特に新しいシステムなどを導入することなく、法人アカウントを発行させるだけで地域の在住者へ情報を発信することができます。

さらには認定タイムスタンプ利用事業社に登録された電子署名サービス「CMサイン」を組み合わせることで、各種行政手続きや署名(デジタル印鑑付き)をオンラインで進めることもできます。

各自治体がCMサインを導入することで書類の電子化や行政のデジタル化を促進することで、様々な業務改善及び効率化が期待できます。

弊社サービスを導入するにあたり、複雑なシステムを組み込む必要はありません。手続き完了後、簡単なチュートリアルを理解していだければ、すぐにご利用いただけます。

まとめ:LINEの代替案はSMSと+メッセージ併用を

今後、各自治体がLINE代替策としてSMSと+メッセージを併用したオンライン行政手続きや情報提供を行うことが予想されます。

弊社では両サービスを1つのプラットフォームで管理できるため、利便性に優れています。

両サービスはセキュリティ面にも優れ、利用者が安心・安全に利用できるため、情報管理の観点でも安心して導入できます。

加えて、電子契約サービス「CMサイン」も利用できるため、オンライン行政サービスを一元管理することもできます。

その他、LINEやその他サービスからの代替案を検討されている方は以下の問い合わせフォームからご連絡ください。