電話に出ない顧客にSMSでメッセージを届ける効果とは

電話に出てくれない

「営業は電話が一番効果的」と、毎日必死に顧客に電話をかけられている営業担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、出てほしい人に限ってなかなか電話に出てもらえず、伝えたいことが伝えられないともどかしい思いをすることも多いかと思います。そこで今回は、電話が繋がらない顧客に対して、SMSを利用した対策方法をご紹介します。

連絡が取れない顧客の心理

顧客が電話に出てくれない、出れないのにはさまざまな理由があります。対策を考えるためにも連絡がとれない状況や心理をおさえておきましょう。

  • 忙しい、タイミングが悪い
  • 売り込みかけられそうで嫌
  • 既に他社サービスに決めた
  • 対応が面倒
  • そもそも買う気がない
  • 担当営業が頼りない

電話に出れない顧客への対応は

顧客と電話が繋がらない、折り返しがない際は、次のような手段をとられるかと思います。

  • DMやハガキを送付する
  • 留守番電話にメッセージを残す
  • メールを送る

しかしどの方法も、顧客に届いているのか、届いてはいるけれど無視されているのか、確実に確かめることが困難です。


SMSの利用でお悩みを解決

電話が繋がらなかった際の代替手段としてDMやメールを試していたものの、レスポンスが悪いと悩まれているのであれば、開封率も高く、また開封したかどうかも確認できる法人向けのSMS(ショートメール)を導入してみてはいかがでしょうか。

SMSは最も古くから使われている国際規格のメッセージサービスです。送信できる文字数に全角70文字という制限がありましたが、最近の機種では670文字まで拡大しています。SMSの特徴は、開封率の高さにあります。10%未満と言われるメールの開封率と比較すると、SMSの既読率は9割近くにものぼります。


電話連絡に代えてSMSを送るメリット

電話の代替手段としてSMSを利用する効果を3点紹介します。


通信費や通話代のコスト削減

SMSは、郵送DMや電話と比べてコスト削減につながります。電話は一人ひとりかけなければならないので、時間がかかるだけでなく通信費がかさみます。また、DMは一斉発送することができますが、製作費や送料がかかります。

SMSは、1通あたりの送信料はかかりますが、開封率を考えれば無料のメールよりコスパがよいといえます。

人件費の削減

電話を1通1通かけたり、DMを制作して送るには人件費も多くかかります。SMSは一斉送信できるため、荷電にかかっていた時間やリソースを奪われる懸念がありません。また、基本的には短文テキストのみのメッセージですが、DMのような内容を送りたい場合はランディングページ(LP)へのリンクをSMSで送ることができます。LPの制作も簡易に作れるツールを利用すれば、制作コストの必要がなくなります。

年代問わずにメッセージを送れる

SMSはガラケーとスマホに標準装備されているため、携帯電話を持つほぼすべての人にアプローチできる可能性があります(一部、格安スマホでSMSの送受信に加入していない方には送れません)。LINEなどのメッセージングアプリのようにアプリのインストールやアカウント登録も必要なく、幅広い世代に送ることができます。


電話やメールとSMSを組み合わせるより効果的

SMSは単独のマーケティングツールとして使用してもよいですが、電話やメールとSMSを組み合わせることでも効果を得ることができます。


電話とSMS

電話が繋がらなかった顧客にSMSを送る、またはSMSを送った顧客に電話でフォローを入れる、など電話とSMSは相性のよい組み合わせです。

法人向けのSMS配信サービスを利用すれば、SMSが開封されたがどうかがわかります。SMSは既読されているにもかかわらず、希望したアクションをおこしてくれない顧客に対しては、電話による催促がおすすめです。

また、電話がつながった・つながらないにかかわらず、荷電をしたあとにショートメッセージを1通入れておけば丁寧なフォローになります。

メールとSMS

まずは無料のEメール配信を一斉送信をし、読まれていない、届いていない、リアクションがない顧客にSMSを送るという方法をとれば、最小限のコストでSMSを活用できます。

メールはアドレス入力のミスにより未達になったり、自動的に迷惑メールに振り分けられたりすることが起こります。どうしても届けたい情報があったり、コンタクトを取りたい顧客がいたりする場合は携帯電話番号宛にいつでもメッセージを送れるようにしておくと良いでしょう。

メールとSMSを送るのに別々のシステムを利用しなければならず、管理が煩雑になるのでは、と懸念されている方もいると思いますが、CM.comの「Mail SMS」ならふだん利用しているメール配信画面からSMSを送ることができます。


電話に出ない顧客にはSMSを上手に活用

日常でのメッセージングアプリの活用など、テキストメッセージでのコミュニケーションが主流になっている今、以前ほど電話による連絡は好まれない傾向にあります。出てくれるまでやみくもに荷電し続けるのではなく、SMSという手段をうまく利用して顧客とのコミュニケーションをはかってみてはいかがでしょうか。

SMSに関する情報はこちらへ

CM.comブログ編集部

CM.comブログ編集部

SMS配信や+メッセージ、WhatsAppなど各種チャネルや電子署名に関する情報を発信しています。

Topへ