BLOG
ブログ
ブログ

SMSが届かない?メッセージが送れていない原因や解決策を知ろう

SMSが届かなくて悩んでいる人

 

SMSでメッセージが届かなくなった、メッセージを受信する事ができなくて困っている方もいるのではないでしょうか。

本来、SMSは高い到達率を誇るためメッセージが届かないという問題が起こることはほとんどありません。しかし、ごく稀に電波の状況や電話回線の不具合により受信できないこともあります。

多くの場合、SMSを送信できない原因は、各種キャリア、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの通信環境の範囲外や、間違えた宛先に送っていることが挙げられます。その他にも端末の不具合やメモリ不足、技術的なトラブルを抱えていることもあります。

今回は、SMSが届かない問題を解決するための対処法も紹介していきます。以下ではよくある問題から改善できるポイントなどを合わせてお伝えていきますので確認していきましょう!

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

SMSが届かない原因は?各種問題と解決策を確認

SMS(ショートメッセージサービス)は電話番号を通じて双方で連絡が取れるメッセージサービスです。

個人間のコミュニケーションでは気軽にメッセージを受け取れるサービスとして認識されていますが、インフラやサーバーの問題により、SMSが届かない、送ることができないなど問題が発生することもあります。

システムやアプリケーションに不具合が発生するとSMSが届かないといったことがありますが、それ以外にも一般的にメッセージが送れない、受信できない原因がいくつかありますので、以下から確認していきましょう。

電話番号に誤りがある

携帯電話番号を利用して送ることができるメッセージのため、電話帳に登録している番号に間違いがあると相手にメッセージを送信することができません。

個人間の場合、正確な番号を宛先に入れていれば基本的には双方で送受信できるため、安心してコミュニケーションを取れます。

入力フォームや電話帳に追加するときは正確な電話番号を登録するように注意しましょう。

 

文字数制限を超えている

電話番号はあっているけど、送れない原因に文字数の超過や送信件数がオーバーしている場合があります。

SMSは全角は最大670文字、半角は1530文字の文字数制限があります。

SMSを送信する際は、メールで送るような長文は避け、簡潔な内容をまとめ短文のメッセージを送るように気をつけましょう。

 

着信拒否設定をしている

SMSは手動で受信を拒否できるサービスが付随しています。そのため迷惑メールや不必要なものは拒否することが可能です。

また自身でコントロールできるため、記憶にないと操作ミスで拒否設定リストに追加され、受信できなくなっている場合もあるので重要な情報が受信ができない場合は確認すると良いでしょう。

その他にも拒否の中にも非通知拒否設定や個別指定拒否、海外事業者拒否など個人的に設定している場合もこれらに該当します。仮にSMSの受け取りで困っているのであれば、SMSの拒否設定を再度確認してみるとよいでしょう。

 

メモリ不足やデータ量の超過

長年使用していると気づかないうちにデータ容量がメモリ不足となり、受信することができないケースがあります。例えば、スマホアプリや写真、動画ファイルの使用要領を超過しているとSMSを受信することができません。電波の状況や機内モードで受信ができない場合はメモリの容量をも合わせてチェックしてみましょう。

 

端末に不具合がおきている

メッセージが届かない原因には、お手持ちの携帯電話端末に不具合が生じている可能性も考えられます。使用している端末が正常に動いているかを確認、再起動をする、OSが最新版でないことが原因でSMSを受信できない場合があります。もし更新後も改善されないのであれば、修理を検討する良いでしょう。

一度お近くの携帯ショップもしくは購入店へ訪れて、プロの目で確認してもらうようにしてください。

 

格安SIMの利用

近年日本では様々格安SIMが普及しておりますが、利用しているものよっては受信できないケースもあります。通信が安いために最低限の機能しか有していないものであれば、そもそもSMSの機能自体が搭載されていないものあります。

特に音声対応していないデータSIMの場合、SMSの送受信が許可されていないかもしれません。それらを利用している場合は有料プランを確認し、契約するかを検討してください。もしSMSオプションを利用していて受信できない場合はSIMカードが正しく挿されていない、ズレいている可能性があります。

もし端末の電波が不安定・受信できていたものができない場合は、一度試してみる良いでしょう。

 

通信エリア外・機内モードがオンのまま

基本的に各キャリア端末(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天・LINE)が提供している範囲外(圏外)では送受信することができません。

これはWi-Fiが繋がっていたとしても送受信度値も利用は不可能です。また手動でデータ通信をオフにできる「機内モード」では、受信することができませんのでご注意ください。以下参考までに主要キャリアの通信サービスエリアとなります。

・docomo(https://www.nttdocomo.co.jp/area/

・au(https://www.au.com/mobile/area/

・Softbank(https://www.softbank.jp/mobile/network/area/map/

・楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

 

電波や機器の性能により遅延が起きている

電波の状況によりSMSの送信に時間がかかっている場合があります。インターネットの通信状況によっては受信するまでにタイムラグが発生し、ショートメッセージが届かないこともあります。

このようなトラブルは、送信者側では、一斉送信の量に見合ったサーバーやネット環境が整っていないなどが原因に挙げられます。このような場合は、ネットの利用環境や現状のものより性能が良いものに変えるなどをして、対策すると良いでしょう。

海外事業者ブロック機能を解除していない場合、国外送信されたメッセージを受け取ることができません。ただ一時的に受信できなくとも心配することはありません。受信できない通信エリアに滞在していたとしても、最大3日間まではデータセンターに保管されます。通信可能な状況になった時点で保管されていたものが、自動的にお手元に送られてきますので安心してください。

 

国際ネットワーク利用できない

SMSは90%以上の開封率を誇りますが、ほぼ確実に届くという保証はありません。特に国内のキャリアであれば国内のみしか送れない場合もあるでしょう。

ただし、これは消費者間であれば問題ないのですが、企業から顧客への連絡したい場合は海外ネットワークを屈して送りたいこともあります。昨今ではビジネスシーンでのSMS利用が増加傾向にあるため、国内のみならず海外SMSサービスを利用したいと検討している企業も多いかもしれません。

それらを解決できる手段としては国際網を備えた SMS配信サービスを利用することを検討することがおすすめです。

CM.com Japanが提供する法人向けのSMS配信では国内直収接続 のサービスだけでなく海外SMS配信へも対応しているため、国境を超えてショートメッセージを送信できます。

加えて各種言語に対応しているため、国内に在住している外国人への督促や家賃の支払い案内など、様々なニーズに応えることが可能。また、Gmailやyahooから簡単に送信できるので新規開発や、ソフトウェア連携などとった作業が発生しません。利便性に非常に優れているため、企業課題に合わせて様々な場面で活用いただけるでしょう。

まとめ:SMSが届かないならすぐに対策を!

SMSが届かないと原因は理解することができましたでしょうか。SMSを送れない理由にはいくつかの理由があることを知ることができましたね。

近年では国内キャリアのドコモ、au、ソフトバンクだけでなく、楽天モバイル、LINEモバイルが格安SIMなど様々な形態でメッセージを送受信できるようになりました。そうした中で、受信拒否設定、電波や各種端末 の不具合、メモリ超過など様々な理由により、送受信ができなくなります。それぞれの問題は簡単に解決することができますので、適切な方法のもと対処するようにしましょう。

またSMS配信を法人利用する場合は配信結果を確認できるので、受信先にメッセージが届いたかをログで確認することができますのでビジネス利用するのであればCM.comのようなプロバイダーを利用することをおすすめします。

もしSMSの配信で気になる点など有りましたら、SMS配信サービスを提供している当社にご相談ください。

SMSに関する情報はこちらへ