NEWS

ニュース
おしらせ

プレスリリース:CM.comがオランダのザントフォールト・サーキットのプライマリースポンサーになりました。

ザントフォールトサーキット

CM.comはオランダのザントフォールト・サーキットのプライマリー・スポンサーになりました。これにより、サーキット名が「CM.com Circuit Zandvoort(シーエムドットコム・サーキット・ザントフォールト)」に改名されました。

今まで以上にスポーツ界においてもテクノロジーが必要とされる今、F1オランダグランプリのチケット販売に大きく貢献したCM.comは、今後もザントフォールト・サーキットで実施されるレース観戦者向けにITソリューションを提供いたします。

 

レース界におけるデジタルトランスフォーメーション

CM.comはF1オランダグランプリのチケット販売にカンバセーショナル・コマースを導入することに成功しました。そして、この度、ザントフォールト・サーキットと手を組んで、今後サーキットで開催されるレースやイベント運営のデジタル・トランスフォーメーションに取り組んで行くことが決まりました。

 

◇ カンバセーショナル・コマースとは

CM.comが提供するカンバセーショナル・コマースでは、メッセージを通じて顧客とコミュニケーションができるだけではなく、メッセージ内決済も可能です。

これにより、メッセージを読んだ顧客がイベント参加に対して関心度が高い内に、アプリやブラウザを移行させることなく決済まで誘導できるため、イベントが目的としている集客並びにチケット販売に大きく役立ちます。

また、チケット購入後も同じメッセージチャネルで主催者から通知配信、顧客から主催者に問い合わせができるため、主催者は長期的なリレーションを顧客と築くことが可能です。

 

テクノロジーで変えるサーキットの未来

新型コロナウィルスの影響でイベント業界の存続のためには、デジタル・ソリューションの導入が必要不可欠と言えます。特にザントフォールト・サーキットのように多くの人が集まる会場では顧客そして関係者の健康と安全を配慮したオペレーションがより一層求められています。

カンバセーショナル・コマースを導入することで、ザントフォールト・サーキットは顧客と個別に連絡を取り、関係を築くことができるため、顧客の不安を解消し信頼度を向上させることが期待できます。

「イベント業界におけるデジタルイノベーションは、COVID-19の発生以来加速しています。私たちの使命は、テクノロジーを通じて人々の生活をより簡単に、より安全に、より便利にすることです。無観客のF1レースの後、F1ファンは再びリアルで観戦したいと強く願うようになります。

来年はどのような形になるか予測できませんが、状況の変化に応じて、ファンが慣れ親しんだ方法でCM.com Circuit Zandvoortでスポーツを楽しめるよう、技術提供をしたいと考えています。

このパートナーシップは、サーキットに新しい名前をつけただけではありません。私たちはすべてのツールを駆使して、イベントの訪問者に価値のある体験を提供します」―CM.com B.V., CEO, Jeroen van Glabbeek