BLOG
ブログ
ブログ

リマインドメールはSMSが最適?飲食店・ホテルの予約案内やキャンセル対策へ

リマインドメールをSMSで受け取る人

リマインドメールを予約されたお客様に送信し、スムーズに案内したい、ノーショーや予約キャンセルによる売上減少を防ぎたいと考えている飲食店は多いのではないでしょうか。

しかし、飲食ポータルサイトなどから送信されるEメールでのリマインドは受信ボックスに埋もれてしまう、スパムに流れしまうなど結果的に当日のドタキャンへと繋がりかねません。

今回はリマインドメールをSMSで送ることで、来店予定顧客をスムーズに案内する方法や、予約キャンセルによる売上減少を防ぐためのショートメッセージを活用したリマインド事例を紹介してきます。

この記事を読むことで、各飲食店が抱える予約キャンセルなどによる売上減少をSMSを送信することで解決可能となります。リマインドのポイントなどを是非参考にしてください。

リマインドメールをSMSで送る目的とは

SMSでのリマインドメールは、予約者への事前連絡はもちろんですが、支払いの督促や重要なお知らせを伝え、忘れていたことを思い出してもらうことを目的に行われます。その他にも発送状況を伝えるオペレーションとして使用されるケースがあります。

飲食店やホテルでの活用の場合、予定していたイベントをお客様に思い出してもらうための事前連絡が一般的です。レストランやバーであれば、事前予約者にお店の住所や予約状況の送信、当日キャンセルによる売上減少防止対策に活用できます。

その他販促活動として、リピート顧客を対象にキャンペーンやクーポン利用の再通知、顧客維持を目的として使われています。また、ウェイティングを対象に当日整理券の発行や空席案内などを知らせることができます。

リマインドメールで顧客への対応がスムーズとなり、空いた席への案内や順番待ちしていたお客様への状況を伝えられるようになります。

リマインドで抑えておくべきポイント

たった一通のSMSを送信することで、予約者が忘れることなく来店してくれます。

送信者が抑えておくべきポイントは、受信者が「前日に詳細を送ってくれて助かった」「探す手間が省けた」など安心して当日を迎えられる状態を作ることです。

例えば、リマインドの連絡に予約状況の日時、住所、地図のURLなどを記載しておくことで、お客様の探す手間が省けます。

それ以外にもリマインドをすることで、リマインド経由でキャンセルの連絡を受け、当日の配置変更を行い、ウェイティングのお客様へ案内や電話で当日予約をしてくる方への断りを少なくすることができます。

一つの連絡が顧客満足度に繋がり、今後も継続的に来店してもらえるようになります。

リマインドメールを送るタイミング

リマインドメールを送るタイミングは基本的に前日から3日前に送ることが適切です。

例えば、恋人の誕生日を祝うために18時から夜景が見える高級レストランの予約しているお客様宛に、レストランの所在地を当日の朝に送信することで案内がスムーズになります。

結果的に予約者本人が、過去のメールを探さす手間を省く時間を削減できるでしょう。

しかし、リマインドは早すぎても遅すぎても効果が薄れしまいます。リマインドが1週間前となると、せっかく送った内容も忘れられてしまい、当日無断キャンセルを引き起こしかねません。

結果として、期待していた売り上げを得られなくなる可能性もあります。

飲食店が抱えるノーショーやドタキャンが起こらないためにも送信するタイミングは重要です。

リマインドメールをSMSで送信する事例

ピンク色のスマートフォンを操作している女性

当社はモバイルコミュニケーションカンパニーとして、SMS配信を活用したリマインドメールをお客様宛に送れるサービスを提供しています。

例えば、週末に来店を予定しているお客様宛にレストランの所在地や予約詳細を事前に送り、無断キャンセルによる売上減少を失くしたい飲食店。それ以外にもリピーター向けに季節メニューやクーポンを送りたいなどを目的に利用することができます。

当社SMS配信サービスを活用する場合、各店舗が抱える課題に合わせてリマインドを行うことができます。飲食店経営者が抱える悩みを解決する参考事例として、ご確認してください。

リマインドを短文で送りたい場合

予約のリマインドメールを来店予定者に送りたいと送る際の、サンプル文は以下のような形となります。

【予約状況のお知らせ】
X月X日(土)18:00からお待ちしております。
当日の詳細はURLからご確認くださいませ。

GmailやOutlookから簡単にSMSを送りたい場合

受信者の画面

当社の管理画面からSMSの配信をするわけはなく、普段から使い慣れたGmailやOutlookといったメールソフトウェアから連絡したい方には、「Mail SMS」というものがあります。

この配信ツールでは普段利用しているメールサービスから直接お客様にSMSを配信できます。特に新しいシステムを導入することなくできます。Email用に作成した文をそのままはSMSで配信できるため、手間がかかりません。

リマインドや予約案内以外の利用用途

  • リピーター向けに新メニューや新商品の案内
  • 緊急時の休業や新店舗開店の案内
  • 割引クーポンや特別キャンペーンの案内

リマインドメールをSMSで送り、売上減少対策を

リマインドメールのSMSで送信する事例や効果についてはいかがでしたでしょうか。

リマインドをSMS配信サービスで行うことで、予約者への良心的な案内や、ノーショーや当日の無断キャンセルよる売上減少を防ぐことができます。効果のある対策を実行することで、企業と個人のコミュニケーションをより快適に行えるようになるでしょう。

各店舗の担当者や飲食店経営者様で来店予定者やリピーターに重要なお知らせを配信したいと考えている方は、CM.comが提供するSMS配信ツールをご検討ください。

サービス内容や料金体系については、以下のお問いあわせボタンをクリックして、ご連絡ください。

リマインドメールのSMS活用方法はこちら