NEWS
ニュース
おしらせ

電子署名サービスCMサインのリセラー向け電子署名日本語版API仕様書を公開

電子署名サービスCMサインAPIリリースのお知らせ

クラウド型電子署名サービスCMサインを開発・提供するCM.com Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:Jeroen van Glabbeek、以下CM.com)は初期費用0円から導入できる電子署名サービス、 CMサイン日本語版API仕様書をリセラー向けに7月19日に正式公開したことをお知らせいたします。これにより、企業の担当者はCMサインのアカウントを開設後、プロジェクトの要件定義段階でサービス・システムの機能要件を明確にすることができます。

C M サイン API 実装で 新たな収益モデルを構築
CMサインAPIを実装することで、電子契約書の作成から契約締結までの電子署名機能を自社サービスとして新規・既存顧客に販売(再販)することができます。また自由に価格を設定して頂き、顧客のニーズに合わせて提供できます。

C M サイン の署名依頼はEメール、 SMS 、+メッセージの 3 種類
署名依頼にはEメールだけではなくSMS、+メッセージの3つの手段を利用できます。携帯電話番号宛に送れるSMSや+メッセージで署名依頼を送ることで、 Eメールの開封率が低い個人へもリーチでき、電子契約を締結できます。

CM サイン は国内、アメリカ、ヨーロッパ法に準拠
日本国内の電子署名法、アメリカのESIGN法、ヨーロッパのeIDASに準拠した電子署名サービスのため、国内外の取引で電子契約を締結することができます。グローバルでの契約実務を効率化し、推進する体制を構築できます。

電子署名 サービス CM サイン のリセラー向け A PI について
電子署名CMサインAPI日本語版仕様書
https://www.cmtelecom.jp/sign-api-doc/

電子署名CM サイン API実装ガイド
https://www.cmtelecom.jp/sign-api-guide/

電子署名リセラー向けWEBサイト
https://www.cmtelecom.jp/cmsign/

詳細は、以下の問い合わせフォームから連絡をお願いします。
問い合わせフォーム: https://www.cmtelecom.jp/reseller-contact/

【会社 概要
社名: CM.com Japan株式会社
所在地: 東京都渋谷区神宮前6-28-9東武ビル6F
代表者: Jeroen van Glabbeek
設立: 2018年3月
事業内容: SMSなどの各種メッセージ配信ツール及び電子署名サービスの提供
電話 : 03-6892-4177
会社 ウェブサイト : https://www.cmtelecom.jp/

【本件に関する問い合わせ】
担当:橋本拓也
メール: takuya.hashimoto@cm.com

【CM.comとは】
CM.comは企業やブランドを世界中のモバイルユーザーとつなぐメッセージ配信プラットフォームを提供しているグローバルカンパニーです。当社メッセージ配信プラットフォームは、 SMS、 WhatsApp(ワッツアップ)、 Apple Business Chat(アップルビジネスチャット)、 RCS、プラスメッセージなどを一つの管理画面で配信できる画期的なプラットフォームです。