BLOG
ブログ
ブログ

Salesforceのメール配信機能からSMSを簡単に送る方法

Salesforceを活用してSMSを簡単に送る方法

Salesforce(セールスフォース)で管理している顧客データをもとにSMS(ショートメッセージサービス)を配信できたら便利ですよね。

しかし、SalesforceのプラットフォームからSMSを配信するには手間がかかります。

そこで今回は、Salesforceを活用してSMSを簡単に送る方法をご紹介します。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Salesforce(セールスフォース)とは

Salesforce(セールスフォース)とは、インターネット経由で提供されるクラウドサービスで、中小企業から大企業まで幅広いニーズに対応しています。

営業・顧客管理やコールセンター・顧客サポート、また業務アプリ開発のためのクラウドプラットフォーム(PaaS)の提供をしています。

Salesforceでのメール配信

Salesforceではメール配信をすることができます。ただメールを配信をするだけではなく、メール配信機能を拡張した「Autobahn for AppExchange」を利用すれば、下のように計測や分析にも活用できます。

  • 1日1,000通以上のメール配信
  • 誰がURLクリックしたかの計測
  • 開封やクリックに基づく見込み客のスコアリング


便利な一方、でEmail自体の開封率が高くないのも現状です。近年Emailよりも高い開封率で注目を浴びているのがSMSです。

SMS配信のメリット

SMS送信サービスとは、メールアドレスではなく携帯電話番号にメッセージを送信するサービスです。

アプリのインストールが不要で、フューチャーフォンを使用している相手ともやりとりができます。

SMS配信のメリットはどのような点にあるのか確認しておきましょう。

開封率が高い

SMSはEmailやメッセージングアプリよりも、読まれる率が高い点が特徴です。開封率が80%以上あり、メールよりもコンバージョン率が高いことで注目されています。

なぜなら、メルマガやアプリのメッセージと比較して一人当たりの受信数が少なく、埋もれる心配がないからです。かつ、受信をすると、携帯電話にポップアップ表示されるので開封率が高くなる傾向にあります。

電話番号情報だけで送れる

SMSは顧客のメールアドレスを知らなくても、電話番号の情報だけで送ることができます。

電話番号はメールアドレスと違い変更されることが少ないため、宛先不明による未達が少ないことも開封率が高くなる要因です。

SalesforceでSMS配信するメリット

高開封率で高到達率なSMSをSalesforce上で配信できればできれば非常に便利です。

たとえば、Salesforce上で、個人属性などによって顧客をカテゴライズをしておけば、特定の条件にあてはまる顧客に通知を送ることができます。

また、Salesforceで設定しているキャンペーンメンバーへSMSを一斉送信することもできます。

<活用例>

・電子契約完了時にサインアップをした人と企業側に手続き完了通知を送る

・請求書を発行してから一定期間入金がなかったり、複数回督促をしたりした段階で自動的に督促通知を出す

・サンプルや無料モニターへの申込みをいただいたお客様へお礼メッセージを送る

SalesforceでSMSを配信するには

SalesforceのプラットフォームからSMSを配信するには、現状ではAPIを連携する必要があります。そのため、SMS配信事業者のプラットフォームから配信する方法がメジャーです。

しかし、SMS配信事業者のプラットフォームから配信しようとするといくつかのデメリットがあります。

1.手間がかかる

配信結果や配信先をCSVでアップデートして配信する方法がメインですが、一度ローカルに落とす必要があるため、非常に手間がかかります。

2.データ連携が難しい

配信データの連携が難しく、迅速な業務遂行ができない恐れがあります。

3.使い方を覚えなければならない

プラットフォームの使い方を覚える必要があります。慣れている方なら問題ありませんが、ITの知識がないと理解が難しいことも多くあります。SMS配信事業者のプラットフォームから配信しようとした際、もっともつまづくポイントです。

CM.comのMail SMSならSaleSforceからSMS配信可能

CM.comの「Mail SMS」を利用すれば、Salesforceにすでに組み込まれているメール配信機能からSMSを配信することができます。

Mail SMS(メールエスエムエス)とは

Mail SMSとは、【電話番号@mail-sms.com】というメールアドレス形式でSMSが配信できるサービスです。

SMSは電話番号宛に送るため、これまでは配信サービスの管理画面上から送信するか、APIでシステムに組み込んで送ることしかできませんでした。

しかし、CM.comのMail SMSを使用すれば、メールアドレス形式で普段使っているメールソフト、メール配信システムからSMSを送信することができます。

特別な設定は不要で、SalesforceからでもすぐにSMS配信が可能です。

Mail SMSの特徴

Mail SMSの特徴は、操作がシンプルな点、そして最小限のコストから始められる点です。

利用方法が簡単

Mail SMSは難しい操作を覚える必要が一切なく、導入の際に新たにツールの使い方を覚えたり、スタッフを教育したりする必要がありません。

CM.comに配信元メールアドレスを登録するだけで、利用しているセールスフォースだけでなく、GmailやOutlookなどのメールソフトから約30秒でSMSを配信できます。

<利用方法>

①CM.comでアカウントを作成する

②設定画面でSMSを送信する送信元メールアドレス、もしくはドメインを設定する

③SMSで表示される送信者名を入力する

※アルファベットから始まる任意の英数字を3文字〜11文字まで自由に設定できます。

④普段利用しているメールソフトを開き、宛先にSMSを送りたい相手の【国番号+電話番号+@mail-sms.com】を入力する(複数同時に配信可能)

⑤本文にテキストを入力する

※日本語・中国語は70文字、アルファベットは156文字まで送信できます。

⑥送信ボタンを押す

初期費用0円、月額費用0円

Mail SMSなら無駄なコストをかけずに簡単に始めることができます。

初期費用、月額費用は一切かからず、SMSを送った通数だけ課金されるので、安心して利用できます。

多くの企業様がまずは少ない通数から始めて、効果を実感してからSMS配信数を増やしたり、用途の幅を広げたりしています。

いつでもSMS配信ツールに移行できる

SMSの配信数が増え、「メッセージの配信履歴を管理したい」「他の機能を使ってみたいと」感じたら、すぐに「Mail SMS」からSMS配信ツールへ利用を切り替えることもできます。

CM.comの配信ツールは初期費用や月額費用がかからないため、Mail SMSと同じ料金体系で利用できます。

さらに、配信結果や開封結果の確認や取得したいデータをCSV形式でダウンロードすることも可能です。

まとめ:SalesforceでSMS配信へ

SalesforceでのSMS活用方法、また簡単にSalesforceからSMSを配信する方法をご紹介しました。

CRMやSFAだけでなく、普段利用しているGmail、Yahoo mail、Outlookなどといったメールソフトから直接顧客・従業員に向けたSMSを個別・一斉配信したいと考えている方は、CM.comのMailSMS
サービスをぜひ一度お試しください。

SMSに関する情報はこちらへ