CM.comのSMS配信APIを利用する前に必ずお読みください

 

<翻訳範囲に関して>


この翻訳は


1, Business messagingパート仕様書へ

2, Messagesパート仕様書へ

 

のPlusmessage/SMSの配信に関する箇所を抜粋し、翻訳したものです。 そのため、基本は英語の仕様書をご覧いただき、参考として本資料をご覧ください。

 

Business messaging は1通ごとに異なったメッセージで大量に配信する場合

Messagesは一度に同じ内容で複数のメッセージを配信する場合にご利用ください。
(キャンペーンなどでの利用)名前や個別の値の差込で複数配信する場合などもMessageをご利用ください

 

また、配信数や配信後の文字数の取得など細かい設定についてはtransaction APIで可能です

https://www.cm.com/app/docs/transactions-api/v1.4.0/

 

<Status reportに関して>

到達不到達などのステータスを取得することができます

 

Webhookでのステータスレポートの取得もできますし

https://docs.cmtelecom.com/en/api/business-messaging-api/1.0/index#status-reports(英語)

 

https://docs.google.com/document/d/1wc7OXjtJLjweyOVuhTKwZDuOIh_PhkkdDIb0D5wgTzA/edit#heading=h.ie3eey99r9pr (本資料内)

 

Webhookを利用せずAPIで取得することもできます

https://docs.cmtelecom.com/en/transactions-api/v1.4.0/  (英語)

 

https://docs.google.com/document/d/1ERxWpOE2dp4NWTeYR3gFHhqaRaM1xKAUfFyI2I3Vo9Y/edit#heading=h.v0livq6tt8lh (翻訳済み別ページ)

<SDKに関して>

SDKに関しましては以下を参照してください

 

<SMS認証専用APIに関して>

なお、SMS認証の仕様書に関しましては以下をご覧ください。

SMS認証専用API仕様書

 

異なったメッセージを大量に配信したい場合

Business messaging パートAPI仕様書は1通ごとに異なったメッセージを大量に配信する場合に利用することができるAPIとなります。

一度に複数のメッセージを配信したい場合

Messagesは一度に同じ内容で複数のメッセージを配信する場合にご利用ください。(例えば、キャンペーンなどでの利用)名前や個別の値の差込で複数配信する場合などもMessageをご利用ください