BLOG
ブログ
ブログ

SMS送信APIは不要?メールアドレスを登録するだけでSMS配信が可能に

SMS送信APIサービスのサンプル

SMS送信APIを導入すれば、予約管理システムやアプリケーションに自動でSMSを送れるシステムを作ることができます。

しかし、開発には費用も時間もかかってしまいますし、APIを使ってもうまく配信できなかったり、到達率が悪かったりといった課題もあります。

そこで今回は、余分な時間とコストをかけずにSMS配信にトライできる方法をご紹介します。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

そもそもAPIとは?

APIとは、Application Programming Interface (アプリケーション・プログラミング・インタフェース) の略で、「アプリケーションをプログラミングするためのインターフェース」という意味です。

インターフェースとは、IT用語で「何か」と「何か」をつなぐものという意味を持ちます。例えば、USBは「パソコン」と「周辺機器」をつなぐインターフェイスの一つです。USBはパソコンと外部デバイスを繋ぐインターフェースですが、APIはソフトウェア同士を繋げます。

また、「APIを公開する」とは、ソフトウェアにAPIという外部とやりとりする窓口を作り、外部アプリケーションとコミュニケーションや連携ができる状態にする、ということです。

SMS送信サービスのAPIとは

「SMSを送る」機能を公開することで、外部のシステムやサービスからSMSを送信できるようなります。

具体的には、自社システムとSMS送信をつなぐAPIを導入すると、予約確認や本人認証、パスワード設定の通知などがSMSで自動配信できるようになります。

自社でSMSを送る機能を開発しようとすれば、大きな手間や運用コストがかかってしまいます。

そこで、SMS送信サービスが提供するAPIと連携することで、ゼロから開発することなく「SMSを送信する機能」を自社のシステムに追加できるのです。

SMS配信にAPIを活用すべき場面

「定期的にメルマガを一斉送信したい」「未入金のお客さまに督促をおくりたい」といったような場合は、SMS送信サービス会社から提供されるシステムで十分対応可能なため、APIを利用する必要はありません。

 

APIを利用するとよいのは以下のようなケースです。

 

・本人認証

 会員登録時に自動でワンタイムパスワードなどを記載したSMSを送りたい

・予約システムとの連携

 予約を完了したお客さまに自動で予約確認のSMSを送りたい

 

API非対応の場合

API非対応の場合は、SMS配信事業者のプラットフォームから配信する手法が一般的です。しかし、新しいサービスを導入するには、使い方を覚えたり、オペレーションコストがかかってしまいます。

SMS送信APIを実装せず、プラットフォームにも頼らず、SMSが送信できたらいいですよね。

そこでおすすめしたいのが、GmailやOutlookといったメールソフトウェアや顧客管理ソフトからSMS配信できるCM.comの「Mail SMS」です。このサービスはCM.comの管理画面でメールアドレスを登録するだけで、SMSを配信することができる優れものです。

SMS送信APIを導入せずにSMS配信するには

CM.comでは3つの方法でSMS配信サービスを提供しています。

①CM.comのプラットフォームを利用する方法 

②API開発で配信する方法 

③お好きなメールソフトから配信する方法

3つ目のMail SMSというサービスでは、APIを実装せずにSMS配信をすることができます。

利用方法

利用方法は非常に簡単です。まずCM.comでアカウントを作成し、管理画面で配信元のメールアドレスを登録します。

その後、普段使用しているメール配信システムを開き、【国番号+電話番号+@mail-sms.com】と各種連絡先を設定するだけ配信完了です。

SMS送信APIより、Mail SMSを利用するメリット

SMS送信APIを利用せずにMail SMSを使ってSMS配信をするメリットは、とにかく簡単であることと、開発コストをかけずに始められることです。

 

開発コストがかからない

CM.comのサービス利用料は、初期・月額費用がかからないうえ、従量課金制です。Mail SMSなら、最小限の投資でSMS配信を開始し、効果を検証することができます。

とりあえず始めてみたい、テスト配信をしたいという方はCM.comのMail SMSの利用して、検証してみることをおすすめします。

ノーコードでSMS機能を追加できる

API導入にはある程度の専門的な知識が必要です。Mail SMSであれば、プログラミングの知識がない人でも簡単にSMS送信機能の追加が可能です。

CM.comの顧客ではMail SMSを導入し、自社システムでウェブスクライビングさせることで、自動送信を実現させているケースもございますので、できる範囲でSMSを自動送信する仕組みを構築することはコスト削減にも繋がり、企業にとって有益です。

 

使い方を覚える必要がない

担当者は新たに使い方を覚える必要がありません。既存のメール配信を任せている担当者に、気軽にSMS配信もお願いできます。

まとめ

SMS配信には、まずAPI実装が必須だと思っていた方もいるのではないでしょうか。Mail SMSはSMSを配信したい電話番号宛に、あらゆるメール配信機能からメール形式でSMS配信ができるサービスです。特別な設定の必要はなにもありません。

もちろん、CM.comではSMS送信APIも提供していますので、目的や用途によって使い分けることもできます。気になる方はぜひ一度お問い合わせください。



SMS送信APIサービス以外の情報はこちらへ