Business-messagingパート翻訳

 

英語版仕様書(オフィシャル)

https://docs.cmtelecom.com/en/api/business-messaging-api/1.0/index#integration

 

Business messagingパートは1通単位で大量に配信する、単純に送信だけを行う場合に最適なAPIとなります。

一度に同じメッセージ内容を複数のメッセージを送信する、CMのショートリンクをつけるなどは本資料内下部Message パートをご覧ください。

Messageパートはこちら https://docs.google.com/document/d/1wc7OXjtJLjweyOVuhTKwZDuOIh_PhkkdDIb0D5wgTzA/edit#heading=h.r0ajx4mq8d24

 

また、英語版に記載のある項目で、翻訳されていない箇所もございますので、日本語版は参考程度にご覧ください。 

 

 

1,Introduction はじめに

Business Messaging API ビジネスメッセージングAPI

 

The CM.com Business Messaging API enables you to send messages from your system to mobile phones all around the world. This RESTful API is the main interface between your application and the CM Platform and can be implemented to communicate via various communication channels – among others SMS, WhatsApp, RCS and Viber. We accept single messages, but also very high volumes. Core capability of this API is that it can cope with various communication channels and high throughput. The HTTP protocol is used, examples can be found in JSON and XML, though we advise to use JSON.

 

 

CM.com Business Messaging APIを使用すると、システムから世界中の携帯電話にメッセージを送信できます。このRESTful APIは、アプリケーションとCMプラットフォーム間のメインインターフェイスであり、SMS、WhatsApp、RCS、Viberなどのさまざまな通信チャネルを介して通信するように実装できます。単一のメッセージも受け付けますが、大量のメッセージも受け付けます。このAPIのコア機能は、さまざまな通信チャネルと高スループットに対応できることです。 HTTPプロトコルが使用され、JSONおよびXMLで例が見つかりますが、JSONを使用することをお勧めします。

 

それぞれのチャネルをご利用の際にはそれぞれのご契約が必要になります。詳しくは営業担当までご連絡ください。

 

Related resources/関連リンク

Prerequisites/事前準備

To make use of our API for SMS, you need to be registered at CM.com and have your billing details set in your CM Wallet. This can be recurring billing via credit card (self service), or via alternative payment methods (signed business contract required).

In order to make use of communication channels like WhatsApp, Viber, or RCS, you are required to have access to the programs. This can be requested via CM.com and we will help you with the verification and activation when your request meets the terms and conditions of these additional services. For this too a billing account is required.

During the implementation you might have questions and we kindly refer to our Help Center documents to get more background information.

SMSのAPIを使用するには、CM.comに登録し、クレジットカードでの前払いもしくは後払い契約を完了している必要がございます。

WhatsApp、Viber、RCSなどの通信チャネルを利用するには、別途ご契約および専用アカウントを作成する必要がございます。これはCM.comからお申し込みできます。

ご質問がありましたら、営業担当者にご連絡ください

Channels/チャネル

We have built our API in such away that you can use it for various communication channels. Currently we support:

  • SMS

  • WhatsApp

  • Apple Business Chat

  • RCS

  • Viber

  • Push

Please be aware when using channels other than SMS, CM needs to have configured the outgoing flows before you can use them. If you want to force the use of one channel or several specific channels, it is necessary to include which channel in the request.

Each channel comes with it’s own rules and regulations from service providers and governments alike. You are responsible for following the rules and regulations for each channel that you use. Failure to do so might result in immediate termination of the service.

さまざまな通信チャネルで使用できるように、APIを構築しました。現在サポートしているもの:

SMS

WhatsApp

アップルビジネスチャット

RCS

Viber

Push

SMS以外のチャネルを使用する場合は、使用する前に発信フローをCM側で設定する必要があることに注意してください。 1つのチャネルまたは複数の特定のチャネルの使用を強制したい場合は、要求にどのチャネルを含める必要があります。

各チャネルには、サービスプロバイダーや政府からの独自の規則や規制が付属しています。使用する各チャネルの規則と規制に従う責任があります。そうしないと、サービスが即座に終了する可能性があります

2,Integration/インテグレーション

SDKs

Several SDKs are available to get you started with your API integration. SDKがご利用いただけます

 

API endpoints/APIエンドポイント

Our global gateway is accessible via one end point which we are load balancing over 2 platform locations in The Netherlands. To reduce latency, and/or be compliant to local legislation we also have platforms in London, South Africa and Shanghai. More information can be found in our Help Center.

·       Global Endpoint URL: https://gw.cmtelecom.com/v1.0/message

·       South African Endpoint URL: https://gw.cmtelecom.co.za/v1.0/message

·       Shanghai Endpoint URL: https://gw.cmtelecom.cn/v1.0/message

·       London Endpoint URL: https://gw-uk.cmtelecom.com/v1.0/message

Our API supports sending messages via HTTP. You can send a POST request containing a JSON or XML body. We strongly advice that you use JSON. The newer communication channels like RCS, WhatsApp and Viber are only supported via JSON. Information and examples about XML, SMPP and GET can be found at the end of our API documentation.

当社のグローバルゲートウェイには、オランダの2つのプラットフォームで負荷分散を行う1つのエンドポイントからアクセスできます。 待ち時間を短縮したり、現地の法律に準拠したりするために、ロンドン、南アフリカ、上海にもプラットフォームがあります。 詳細については、ヘルプセンターをご覧ください。

•グローバルエンドポイントURLhttps://gw.cmtelecom.com/v1.0/message

•南アフリカのエンドポイントURLhttps://gw.cmtelecom.co.za/v1.0/message

•上海のエンドポイントURLhttps://gw.cmtelecom.cn/v1.0/message

•ロンドンエンドポイントURLhttps://gw-uk.cmtelecom.com/v1.0/message

APIは、HTTPを介したメッセージの送信をサポートしています。 JSONまたはXML本体を含むPOSTリクエストを送信できます。 JSONを使用することを強くお勧めします。 RCSWhatsAppViberなどの新しい通信チャネルは、JSONを介してのみサポートされます。 XMLSMPP、およびGETに関する情報と例は、APIドキュメントの最後にあります。

 

Authentication/認証

All requests require your product token which, as a registered user, you can find on our platform in the Gateway app. It was also e-mailed to you after registration, e.g. 00000000-0000-0000-0000-000000000000. Callback URLs are also configured in this gateway app.

NOTE: Your product token is private information and should never be incorporated into webpages and/or mobile applications where it can be exposed to 3rd parties.

 

すべてのリクエストにはプロダクトトークンが必要です。プロダクトトークンは、弊社管理画面からログインいただき、SMS APIのアプリ内で見つけることができます。 プロダクトトークンの取得方法は使い方ガイドをご覧ください。コールバックURLもこのSMSAPIのアプリをご覧ください。

注:プロダクトトークンは個人情報であり、第三者に公開される可能性のあるWebページやモバイルアプリケーションに組み込まないでください。

 

Encryption/暗号化

Communication with the CM servers should be done using the TLS cryptographic protocol, version 1.1 or higher. Older security protocols such as TLSv1.0 and SSLv3 are not supported.

When making use of the WhatsApp Business API solution messages are encrypted on our platform. In our WhatsApp implementation guide we explain how this works. Encryption is a mandatory WhatsApp feature, implemented by CM.com. You don’t have to do anything to enable this, it is part of the the WhatsApp account creation.

CMサーバーとの通信は、TLS暗号化プロトコルバージョン1.1以降を使用して行う必要があります。 TLSv1.0SSLv3などの古いセキュリティプロトコルはサポートされていません。

WhatsApp Business APIソリューションを使用する場合、メッセージはプラットフォームで暗号化されます。 WhatsApp実装ガイドでは、これがどのように機能するかを説明しています。 暗号化は、CM.comによって実装される必須のWhatsApp機能です。 これを有効にするために何もする必要はありません。これはWhatsAppアカウント作成の一部です。

 

3,Shared features/共通機能

SMSやWhatsapp、RCSなど全てに共通する機能となります。

 

1,Sending messages/メッセージ送信

Below is an example of a Viber message:
下記はViber用のサンプルです:

 

{

    “messages”: {

        “authentication”: {

            “productToken”: “your product token”

        },

        “msg”: [{

            “body”: {

                “type”: “auto”,

                “content”: “Message Text”

            },

            “to”: [{

                “number”: “00316012345678”

            }],

            “from”: “TestSender”,

            “allowedChannels”: [“Viber”]

        }]

    }

}

Field

フィールド

Description

解説

Required

必須

from

This is the sender name. The maximum length is 16 digits for a phonenumber or 11 alphanumerical characters [a-zA-Z]. Example: ‘CM Telecom’
送信者名です。電話番号の最長は16文字、英数字 [a-zA-Z]は11文字まです。例)CM Telecom

Yes

to

Phone number of the recipient [array]
受信者の電話番号

Yes

body

Text content of the message you want to send. SMS restrictions apply to this field allowing for maximum fallback capabilities. For more modern channels like RCS, WhatsApp and Apple Business Chat, use rich content conversation items conversation items to make use of all capabilities of the channel.

メッセージの本文です。最大限にフォールバックさせるためにはSMS規制に適応していなければなりません。RCS, WhatsApp, Apple Business Chatでは、rich content conversation items(リッチコンテンツ用の対話アイテム)を使います。

Yes

allowedChannels

Array of communication channels via which you want to reach the user. Can be any combination of: SMS, Viber, RCS, Apple Business Chat and WhatsApp. The default is to allow any channel configured for your account.

ユーザーにリーチしたい茶ネイルの配列です。SMS, Viber, RCS, Apple Business Chat and WhatsApp の中から好きなコンビネーションで使えます。あなたのアカウントにコンフィギュされたすべてのチャネルが使えます。

 

No

Please note that the msg, to and allowedChannels objects are arrays and can contain multiple values. Using multiple msg or to elements will produce multiple messages.

msg, to and allowedChannels は複数おvalueを含んだ配列です。複数のmsgtoエレメントを使用すると複数のメッセージが作成されます。

NOTE: When sending a message, all messages are delivered asynchronously. The server response of the API only indicates if it was accepted for a delivery attempt and not if the delivery was successful.

備考:メッセージを送信する際、非同期通信で送られます。server response of the API (APIのサーバーレスポンス) は配信リクエストが受付けられたか、配信が成功しなかったかのみ判別します。

 

Phone numbers/電話番号

Please use the following format to specify your phone numbers. Using this format is the best way for us to guarantee the correct delivery of your messages:
あなたの電話番号を特定するために下記のフォーマットを使ってください。このフォーマットを使用することで、配信精度を高めることができます。

 

Start with 00(00でスタートする)

Country code(国番号)

Phone number(電話番号)

No + sign(+記号は使わない)

No spaces(スペースは使わない)

No -(ハイフンは使わない)

 

Not adhering to this convention might cause incorrect delivery!

この規則に従わないと配信がうまくいかない可能性があります!

 

CM.com example/CM.comの例

The phone number of our office in The Netherlands is +31 (0)76 – 572 70 00 What we would enter via API: 0031765727000
CM.comオランダオフィスの電話番号は+31 (0)76 – 572 70 00です。この番号をAPIに入れる時は次のように入力してください:0031765727000

 

 

2,Batch messages/バッチメッセージ(大量配信)

It is possible to send multiple messages with one request, as described in the examples below. You can either declare multiple phone numbers to send the same message to each of the given phone numbers, or declare multiple different messages in one request.

一度のリクエストで複数のメッセージを配信することができます(下記が例)。同じメッセージを異なる宛先に送ること、異なるメッセージを異なる宛先に一度のリクエストで送ることができます。

 

{

    “messages”: {

        “authentication”: {

            “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000”

        },

        “msg”: [ {

                “allowedChannels”:  [“Viber”],

                “from”: “SenderName”,

                “to”: [{

                    “number”: “00447911123456”

                },{

                    “number”: “00447911123457”

                }],

                “body”: {

                    “type”: “auto”,

                    “content”: “Test message”

                }

            },

            {

                “allowedChannels”:  [“SMS”],

                “from”: “OtherSender”,

                “to”: [{

                    “number”: “00447911123458”

                },{

                    “number”: “00447911123459”

                }],

                “body”: {

                    “type”: “auto”,

                    “content”: “Other Test message”

                }

            }

        ]

    }

}

3,Channel fallback/チャネルフォールバック

Not all people have installed the popular communication applications in your geographic region. Neither are they always online or are the operator networks always available to deliver messages. To overcome this issue we have developed a fallback solution. By specifying multiple channels in the allowedChannels parameter, you can use another channel to deliver your messages when your first channel is not available or returning errors.

Example: specifying “allowedChannels”: [ “WhatsApp”, “SMS” ] acts as a filter on your configured channel routing. If WhatsApp returns a failure or a rejection for any reason, we will use SMS and the content in the body attribute to deliver an SMS instead. When a fallback is configured a channel will not retry delivery, but immediately fallback to the next channel.

人や地域によっては有名なコミュニケーションアプリでもインストールしていない場合があります。また、ユーザーは常にオンラインとは限らず、通信会社のネットワークも常に配信可能な状態にあるとは限りません。このような問題を解決するためにフォールバックを使います。allowedChannels パラメータに複数のチャネルを登録しておくことで、1つ目に設定しているチャネルにエラーなどで配信できなかった場合に他のチャネルに送ることができます。

例:“allowedChannels”: [ “WhatsApp”, “SMS” ] はあなたが設定したチャネルルーティングのフィルターになります。もしWhatsAppへ何らかの理由でメッセージ配信に失敗した場合、body に入力されたコンテンツがSMSに送られます。もしフォールバックがコンフィギュされた場合、再配送はされず、次のチャネルへの配信が実行されます。

Fallback is available for the channels:
フォールバック可能なチャネル:

  • WhatsApp

  • Push

  • RCS

  • Viber

  • SMS

If you would like to make use of fallbacks, please contact CM.com to configure multi channel routing for your account.
フォールバックを利用する場合はCM.comの担当営業にご連絡ください。あなたのアカウントにマルチチャネルルーティングを設定します。

References and replies/レファレンスとリプライ

For each batch of messages you send you can set a reference. To do so, add “reference”: “your_reference” to any “msg” object in a request body. The given reference will apply to the messages sent to the numbers in the matching message.
各バッチメッセージに対してレファレンスを設定できます。設定するためには “reference”: “your_reference”“msg” へリクエストボディ形式で追加します。与えられたレファレンスがマッチングしたすべてのメッセージに反映されます。

  • The given reference will be used in the status reports and inbound replies for the message, so you can link the messages to the sent batch. For more information on status reports, see status report webhooks.
    与えられたレファレンスはステータスレポートとインバウンドレポートに使われます。ステータスレポートに関する詳細はstatus report webhookを参照ください。

     

  • The given reference must be between 1 – 32 alphanumeric characters, and will not work using demo accounts.
    レファレンスは1-32文字の英数字でなければなりません。デモアカウントでは使えません。

     

  • References can be used to measure things like Conversion using the Conversion API.
    レファレンスはConversion APIを使ってコンバージョン率を計測する際に使えます。

Custom groupings/カスタムグルーピング

The custom grouping fields are optional fields that can be used to tag messages. These tags can be used by other products, like the Transactions API.

Applying custom grouping names to messages helps filter your messages. With up to three levels of custom grouping fields that can be set, subsets of messages can be further broken down. The custom grouping name can be up to 100 characters of your choosing.

You should limit the number of unique custom groupings to 1000.

This field is used for a wide variety of cases, it helps you to group/tag your messages which helps you with analysis purposes. The following example demonstrates how to implement a reference and custom groupings in your JSON.

カスタムグルーピングはメッセージにタグ付けするためのオプションです。これらのタグは弊社のTransactions APIなどのプロダクトで利用できます。

カスタムグルーピングをしてメッセージに名前をつけることで、メッセージをフィルターしやすくなります。カスタムグルーピングフィールドは3つのレベルまで、100文字以内で設定できます。

カスタムグルーピングの数は1000までです。

このフィールドは様々なケースで活用できます。メッセージをグループ/タグで分けることで分析などに役立ちます。下記の例では、JSONでレファレンスとカスタムグルーピングを設定しています。

{

    “messages”: {

        “authentication”: {

            “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000”

        },

        “msg”: [ {

                “allowedChannels”:  [“SMS”],

                “from”: “SenderName”,

                “to”: [{

                    “number”: “00447911123456”

                }],

                “body”: {

                    “type”: “auto”,

                    “content”: “Test message”

                },

                “reference”: “your_reference”,

                “customGrouping”: “Campaign ABC”,

                “customGrouping2”: “Department XYZ”,

                “customGrouping3”: “Source 123”

            }

        ]

    }

}

 

4,Validity period/有効期限

At all times we strive to deliver messages to the end-user as fast as possible. There can be several situations in which we cannot succeed in this goal. Someone might have switched off his/her phone, or might be in a remote location and does not have access to a network. When you have sent them a message it might be received later than you anticipated.

If you wish to specify a time at which a delayed message can be considered irrelevant, you can supply an absolute date & time or a relative offset in the validity field. Our system will consider the message as failed if it was not successfully delivered before that time. And via a Status Report we inform you this was the case.

The validity period is treated as a best-effort feature. Operators that are already processing the message, might not adhere to the validity period.

Our default validity time is 24 hours, and the maximum validity period is 72 hours.

This feature is supported in all communication channels, the behavior is the same.

私たちは常にエンドユーザーにできるだけ早くメッセージを届けるよう努めています。しかし、状況によっては早くメッセージを届けられないこともあります。ユーザーが電話の電源をオフにしている時、ユーザーが遠隔地にいてネットワークにアクセスできない時などが当てはまります。このような場合、予想よりも遅くユーザーにメッセージが受信されることがあります。

もし、一定の時間が経過した受信遅延が発生しているメッセージを送信失敗として判別させたい場合、 validity のフィールドで送信失敗扱いとする日時を設定できます。この設定をすることで、弊社のシステムは指定した日時までにメッセージが受信されなかった場合は送信失敗として認識します。そして、ステータスレポートでは原因が受信遅延であることをお伝えします。

この有効期間の設定はベストエフォート機能として扱われます。すでにメッセージを処理している通信会社は有効期間を無視してしまう可能性があります。

弊社のデフォルト期限は24時間で最大72時間です。

この機能はすべてのコミュニケーションチャネルでサポートされており、仕様は同じです。

{

    “messages”: {

        “authentication”: {

            “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000”

        },

        “msg”: [ {

                “allowedChannels”: [“SMS”],

                “from”: “SenderName”,

                “to”: [{

                    “number”: “00447911123456”

                }],

                “body”: {

                    “type”: “auto”,

                    “content”: “Test message”

                },

                “validity”: “2017-04-20 11:50 GMT”

            }

        ]

    }

}

 

You can supply the time zone for the validity period using either of the following formats:
下記のフォーマットでタイムゾーンを補足できます。

Absolute date and time:
絶対日時:

  • 2017-04-20 11:50:05 GMT

  • 2017-04-20 11:50:05+8

  • 2017-04-20 11:55:05-07:00

If no time zone was specified, CE(S)T will be used. (CM local time)
タイムゾーンが設定されていない場合は、中央ヨーロッパ時間/中央ヨーロッパ夏時間(CE(S)T)として扱われます。(CM.com本社の現地時間)

Relative offset in hour (H) or minute (M)
時間を(H)、分を(M)として設定できます。

  • 2h

  • 30m

You can set the validity in either hours or minutes. A combination of both is not supported. Any value less than 30 minutes cannot be guaranteed to work.
有効期限を経過時間(時間または分)で設定できます。時間と分の併用はサポートされていません。30分以下の設定の場合は動作する保証ができません。

5,Rich Content/リッチコンテンツ

Supported by: WhatsApp, RCS, Viber

Channels like WhatsApp, RCS and Viber support messages with Rich Content. Rich Content is content that is more complex than a simple text message.

Rich content is sent using the richContent json attribute. This attribute in turns contains a conversation and optionally suggestions.

WhatsApp, RCS, Viberではリッチコンテンツが送れます。リッチコンテンツはシンプルテキストメッセージよりも複雑です。

リッチコンテンツを送る際はJSONの richContent 属性を使います。この属性はconversation とオプションの suggestionsで構成されます。

Field
フィールド

Description
解説

Required
必須

conversation

An array of one or more conversation items
1つ以上の対話の配列

Yes

suggestions

An array of zero or more suggestions
0以上のサジェスチョンの配列

No

Conversations/対話

A conversation is an array of several conversation item objects. The best way to think of a conversation item is as a single ‘speech’ bubble in a chat and you can send one or more in a single request. There are currently 5 conversation item types supported: text, media, location, contact and template.

対話とは、複数の対話アイテムの配列です。対話アイテムとは、チャット上の一つの吹き出しです。一回のリクエストで1つ以上の吹き出しを送ることができます。現在5種類の対話アイテムがサポートされています:text, media, location, contact , template

 

Example message/メッセージ例

This example sends two conversation items, one with text and one with an image, via WhatsApp.
この例では2つの対話アイテムを送信します。1つはテキスト、もう1つは画像です。WhatsAppへの配信です。

{

    “messages”: {

        “authentication”: {

            “producttoken”: “your product token”

        },

        “msg”: [{

            “from”: “CM.com”,

            “to”: [{

                    “number”: “0031612345678”

                }

            ],

            “body”: {

                “type”: “auto”,

                “content”: “fallback content”

            },

            “allowedChannels”: [“WhatsApp”],

            “richContent”: {

                “conversation”: [{

                    “text”: “A rich content text message”

                },

                {

                    “media”: {

                        “mediaName”: “conversational-commerce”,

                        “mediaUri”: “https://www.cm.com/cdn/web/nl-nl/blog/conversational-commerce.jpg”,

                        “mimeType”: “image/jpg”

                    }

                }]

            }

        }]

    }

}

Field
フィールド

Description
解説

Required
必須

text

A string with the textual content.
テキストコンテンツ

No

media

A media object
メディアオブジェクト

No

location

A location object
ロケーションオブジェクト

No

contact

A contact object contains a description similar to a vCard
コンタクトオブジェクトはvCardに似たディスクリプションを含みます。

No

template

A communication channel specific template.
コミュニケーションチャネル用のテンプレート

No

At least one of these five is required in a conversation item. Not all channels support the same (combinations of) item types. For details and documentation on a conversation item type, we ask you to refer to that channel’s documentation.
少なくともこれら5つのうち1つが対話アイテムとして必要です。チャネルによって使える、組み合わせるアイテムが異なります。対話アイテムの種類に関する詳細のドキュメンテーションが必要な場合は各チャネルが公開しているドキュメンテーションを確認することを推奨します。

Conversation item type
対話アイテムの首里

WhatsApp

ABC

Viber

RCS

SMS

Text テキスト

– Clickable URLs
  クリッカブルURL

x

– Text formatting
  テキストフォーマット

x

x

x

x

– URL previews
  URLプレビュー

x

x

x

Media メディア

x

– Image
  画像

x

– Video
  動画

x

x

– Audio
  音声

x

x

– Rich card
  リッチカード

x

x

x

– Rich card carousel
  リッチカードカルーセル

x

x

x

x

Location 位置情報

x

x

x

Contact
コンタクト

x

x

x

x

Template
テンプレート

x

x

x

x

List picker
リストピッカー

x

x

x

x

Time picker
タイムピッカー

x

x

x

x

OAuth2
OAtuh2

x

x

x

x

Custom app
カスタム app

x

x

x

x

Payment
決済

x

x

x

x

Please note that not all communication channels offer the exact same features and that the UI might vary per phone. To make use of rich content you need to do some investigation work to ensure that all mobile devices can read what you are sending. Be sure to check the Channel specific sections of this document for further details. And we can help you in defining and identifying this, please contact our support teams when you need a consult.

コミュニケーションチャネルによって機能が異なり、スマホの機種によってUIが変わります。リッチコンテンツを活用するためには、すべてのモバイルデバイスで見れるかどうか各自で調査が必要です。このドキュメントに記載されているチャネルごとセクションを必ず確認してください。さらにサポートが必要な場合は弊社までお問い合わせください。

Suggestions/Features/サジェスチョン、機能

Supported by: RCS, Viber, ABC (RCS, Viber, Apple Business Chat)

Suggestions is an array of suggestion items. A suggestion or feature is usually presented to an end user as a button, and allows the end user to quickly take or pick an action, instead of sending a textual reply. One message can contain up to 11 suggestions to a user. How they are used depends on the scenario you want to built. Usually only 2 or 3 are seen by the end-user when opening the message.

Each suggestion item contains at least the fields action and label.

サジェスチョンとはサジェスチョンアイテムの配列です。サジェスチョンもしくは機能は通常ボタンとしてエンドユーザーに表示され、ユーザーはテキスト返信せずとも、選択肢を選ぶなどでアクションが取れるようになります。一つのメッセージで11個のサジェスチョンを提案できます。使い方は想定しているシナリオ次第で変わります。一般的にはユーザーがメッセージを開いた時に2〜3個表示されます。

Field
フィールド

Description
解説

Label

The text the end user will see
エンドユーザーから見えるテキスト

Action

OpenUrl / CreateCalendarEvent / Dial / ViewLocation / Reply
URLを開く/カレンダーにイベントを登録する/電話する/位置を確認する/返信する

Depending on the action, certain additional fields are expected to complete the user flow.
アクションによっては、ユーザーフローを完了させるために追加フィールドが必要になります。

OpenUrl/URLを開く

Supported by: RCS, Viber, ABC(RCS, Viber、Apple Business Chat)

This is used to give the user an option to open a link. This can be an in-app link, which will only be shown when the app is installed.
ユーザーにリンクを開かせるために使います。アプリをインストールしていないと確認できないアプリ内リンクも使えます。

 

 

URL

The url the end user can open

{

    “suggestions”: [

        {

            “action”: “OpenUrl”,

            “url”: “market://details?id=cm.com”,

            “label”: “Install app”

        },

        {

            “action”: “OpenUrl”,

            “url”: “https://docs.cmtelecom.com/en/api/business-messaging-api/1.0/index/”,

            “label”: “SMS documentation”

        }

    ]

}

 

Create Calendar Event/カレンダーにイベントを登録する

Supported by: RCS

When the user clicks on this icon, it opens the calendar app of the user to add the new appointment.
ユーザーがこのボタンを押すとカレンダーアプリが立ち上がり、ユーザーはカレンダーに新しい予定を追加できます。

 

 

Calendar

A calendar object
カレンダーオブジェクト

The calendar object contains the following fields.
カレンダーオブジェクトは以下のフィールドで構成されます。

 

 

StartTime

The start of the appointment. For example “2018-02-05T07:00:00”
予定の開始時間。例) “2018-02-05T07:00:00”

EndTime

The end of the appointment, for example “2018-02-05T08:00:00”
予定の終了時間。例:”2018-02-05T08:00:00″

Description

The description which will appear in the calendar app
カレンダーアプリに表示されるディスクリプション(メモ)

Title

The title of the appointment which will appear in the calendar app
カレンダーアプリに表示される予定の件名

{

    “action”: “CreateCalendarEvent”,

    “label”: “Add to calendar”,

    “calendar”:

    {

        “startTime”: “2018-02-05T00:00:00”,

        “endTime”: “2018-02-08T00:00:00”,

        “description”: “Calendar demo”,

        “title”: “Demo”

    }

}

 

Dial/ダイアル

Supported by: RCS

RCS also provides options to make a phone call straight from the conversation. When you want to present the user with the option to call you or another team, or listen to a spoken recorded message, this suggestion can be applied. When pressed, starts a new call to the number you have inserted.

RCSは対話から直接電話をかけるオプションがあります。ユーザーに電話をかけることを誘導したい場合、録音された音声へ誘導したい場合にこのサジェスチョンを使います。ボタンが押されたら、あなたが登録した電話番号に電話がかかるようになります。

 

 

Dial

A dial object
ダイアルオブジェクト

The dial object contains the following field.
ダイアルオブジェクトは以下で構成されます。

 

 

PhoneNumber

The number to call (in international format)
電話をかける番号(国際フォーマット)

{

    “action”: “Dial”,

    “label”: “Call us”,

    “dial”: {

        “PhoneNumber”: “+310612345”

    }

}

ViewLocation/位置情報を確認

Supported by: RCS

When you want to share a location, you can send this message. When the user receives it it opens the navigation app of the user with a pin at the specified location.

位置情報を共有したい場合このメッセージを送ります。ユーザーが受信した時、ユーザーが使っているナビゲーションアプリが立ち上がり、特定の位置にピンが表示されます。

 

 

ViewLocation

A view location object
位置情報確認オブジェクト

View location objects contains the following fields:
位置情報確認オブジェクトは下記で構成されます:

 

 

Latitude (optional)

The latitude in degrees
緯度

Longitude (optional *1)

The longitude in degrees
軽度

SearchQuery (optional *1)

Search for this location instead of using the latitude/longitude
緯度経度以外でロケーションを検索

Label (optional)

The label to display at the pin
ピン表示する際のラベル

1. Either the search query or the latitude & longitude are required!
1. 検索クエリまたは緯度経度のいずれかが必須です!

{

    “action”: “viewLocation”,

    “viewLocation”: {

        “latitude”: “51.603802”,

        “longitude”: “4.770821”,

        “label”: “CM HQ”

    },

    “label”: “Open in maps”

}

References/レファレンス

When you have sent out a notification and want to link that to incoming information you can connect those via REFERENCES.

通知を送信しそこから得た情報と紐付けたい場合はREFERENCES機能でできます。

6,Responses & Errors/レスポンス&エラー

When sending a request with an invalid msg part to the JSON gateway, it will continue to check the other to objects and msg objects available and send the correctly formatted values. In the JSON response, you can find details per message. With each message you receive the PhoneNumber of the failed message (if present), the accepted or rejected status, your reference for the message (if present), the amount of message parts we created for that message, and a description why the message was rejected (if present).

Acceptance by the gateway (aka receiving errors) is not the same as actual delivery of a message. Delivery is done asynchronously and as such you can only receive information about delivery status via the status report webhooks.

JSONゲートウェイに無効なmsgパートを含んだリクエストを送った場合、他の to オブジェクトや msgオブジェクトを確認し、正しくフォーマットされた情報を送ろうとします。JSONレスポンスではメッセージごとの詳細を確認できます。各メッセージでは、送信に失敗した電話番号、承認もしくは拒否されたステータス、メッセージのレがレンス、そのメッセージのために作成されたメッセージパート、なぜそのメッセージが拒否されたのかについての詳細が表示されます。

ゲートウェイによる受け入れ(別名:受信エラー)は、メッセージの実際の配信と同じではありません。 配信は非同期で行われるため、ステータスレポートのWebhookを介してのみ配信ステータスに関する情報を受け取ることができます。

 

Examples of responses of failed JSON requests:
失敗したJSONリクエストのレスポンス例

Entire request incorrect:

Status: 400 Bad Request

{

  “details”: “No account found for the given authentication”,

  “errorCode”: 101,  //See table “JSON POST Error codes” below

  “messages”: []

}

ncorrect msg and a correct message:

Status: 200 OK

{

  “details”: “Created 1 message(s)”,

  “errorCode”: 201, //See table “JSON POST Error codes” below

  “messages”: [

    {

      “to”: “00447911123456”,

      “status”: “Accepted”,

      “reference”: “your_reference_A”,

      “parts”: 1,

      “messageDetails”: null,

      “messageErrorCode”: 0 //See table “JSON POST Error codes” below

    },

    {

      “to”: “00447911123457”,

      “status”: “Rejected”,

      “reference”: “your_reference_B”,

      “parts”: 0,

      “messageDetails”: “A body without content was found”,

      “messageErrorCode”: 304 //See table “JSON POST Error codes” below

    }

  ]

}

All incorrect:

Status: 400 Bad Request

{

  “details”: “Created 0 message(s)”,

  “errorCode”: 201,

  “messages”: [

    {

      “to”: “0044791112345a”,

      “status”: “Rejected”,

      “reference”: “your_reference_A”,

      “parts”: 0,

      “messageDetails”: “Gsm ‘0044791112345a’ is not a number.”,

      “messageErrorCode”: 303 //See table “JSON POST Error codes” below

    },

    {

      “to”: “00447911123456”,

      “status”: “Rejected”,

      “reference”: null,

      “parts”: 0,

      “messageDetails”: “A body without content was found”,

      “messageErrorCode”: 304 //See table “JSON POST Error codes” below

    }

  ]

}

NOTE: The XML gateway and JSON gateway have different output, and respond differently based on the error. For XML responses, please see the section on XML communication.

XMLゲートウェイとJSONゲートウェイは異なるアウトプットとレスポンスをエラーごとにします。XMLレスポンスの詳細はXMLコミュニケーションセクションをご確認ください。

JSON POST responses

HTTP status

Error text
エラーテキスト

Remarks
備考

405

(none)

No HTTP GET or POST was used to send your request
HTTP GETまたはPOSTがリクエスト送信の際に使われませんでした。

500

“details”: “Unknown Error”

An unexpected error occurred. Check the provided values. Contact CM for support.
予期せぬエラーが発生しました。提供された値を確認してください。サポートが必要な場合はCMへ問い合わせください。

400

“details”: “No account found for the given authentication”

No account found for the provided product token.
提供されたプロダクトトークンにアカウント情報がありません。

400

“details”: “Insufficient balance.”

Trial accounts only: You are out of trial messages. Order new messages via your dashboard. If you are a regular prepaid customer, you will be notified that you have run out of quota in a Status Report.
トラあるアカウントのみ:トライアルメッセージ数の上限に達しました。ダッシュボードからメッセージの追加を申請してください。もしあなたが通常のプリペイドカスタマーの場合は残高不足の旨がステータスレポートで通知されます。

400

“details”: “Message is unroutable.”

Your request could not be routed. Contact CM for support.
あなたのリクエストにルートが割り当てられませんでした。CMにお問い合わせください。

400

“details”: “Invalid product token.”

Invalid or missing product token
無効またはプロダクトトークンが見当たりません

400

“details”: “A MESSAGES object requires at least one MSG object”

A MSG object within the MESSAGE object is required and is missing.
メッセージの中のMSGオブジェクトが足りていません

400

“details”: “Invalid JSON”

The given JSON is malformed. Please validate your JSON syntax and try again.
正しいJSONではありません。JSON構文を確認して再度お試しください

200

“details”: “Created [x] message(s)”

An [x] amount of messages have been accepted. See the messages objects for further details.
[x] 通のメッセージを受け付けました。メッセージオブジェクトで詳細をご確認ください

“messageDetails”: “No FROM field found in a MSG object.”

The ‘FROM’ element is missing within the ‘MSG’ element
MSGエレメントの中のFROMエレメントが不足しています

“messageDetails”: “Empty mobilenumber field, MT ignored”

The Phone Number value for the TO element is missing
TOエレメントの中の電話番号の値が不足しています

“messageDetails”: “Rejected: Gsm ‘[msisdn]’ is not a number.”

The value for the TO element is not a valid Phone Number
TOエレメントの値の電話番号が無効です

“messageDetails”: “[Object] object is an invalid type, must be an array”

The stated [Object] should be an array. Even if this contains one element.
Objectは配列でなければなりません。エレメントが1つだけであっても同様です。

“messageDetails”: “No body field was found”

The ‘BODY’ element is missing within the ‘MSG’ element
MSGエレメント内のBODYエレメントが不足しています

“messageDetails”: “A body without content was found”

The ‘BODY’ element is missing ‘CONTENT’
BODYエレメントにCONTENTがありません

JSON POST Error codes/JSON POSTエラーコード

 

Error code

Description
解説

0

Ok

999

Unknown error, please contact CM support
不明なエラー、CMにお問い合わせください

101

Authentication of the request failed
リクエストの認証に失敗しました

102

The account using this authentication has insufficient balance
この認証を利用しているアカウントには残高が足りません

103

The product token is incorrect
プロダクトトークンが間違っています

201

This request has one or more errors in its messages. Some or all messages have not been sent. See MSGs for details
このリクエストのメッセージ中には1つ以上のエラーがあります。いくつかのメッセージが送信されませんでした。MSGsで詳細を確認してください

202

This request is malformed, please confirm the JSON and that the correct data types are used
このリクエストは正しくありません。JSONで正しいデータが利用されているか確認してください

203

The request’s MSG array is incorrect
リクエストのMSG配列が誤っています

301

This MSG has an invalid From field (per msg)
このMSGには無効なFromフィールドが含まれています(メッセージごと)

302

This MSG has an invalid To field (per msg)
このメッセージには無効なToフィールドが含まれています(メッセージごと)

303

This MSG has an invalid Phone Number in the To field (per msg,)
このMSGには無効な電話番号がToフィールドに含まれています(メッセージごと)

304

This MSG has an invalid Body field (per msg)
このMSGには無効なBodyフィールドが含まれています(メッセージごと)

305

This MSG has an invalid field. Please confirm with the documentation (per msg)
このMSGには無効なフィールドがあります。ドキュメンテーションをご確認ください(メッセージごと)

401

Message has been spam filtered
メッセージがスパムとしてフィルターされました

402

Message has been blacklisted
メッセージがブラックリストに加えられました

403

Message has been rejected
メッセージが拒否されました

500

An internal error has occurred
インターナルなエラーが発生しました

 

4,SMS

1,Unicode/ユニコード

Please note that there are a few limitations to using unicode encoded messages:

·       Unicode messages can contain up to 70 characters. In the case of multipart messages, this becomes 67 characters per part.

·       You will need to POST the XML or JSON file. A HTTP GET request cannot handle the Unicode characters

·       Another note is that not all operators in the world are able to handle Unicode messages, so you will need to test for which operators it works. If you want to have support with this our TEXTER solution might be a solution for you.

 

Unicodeでエンコードされたメッセージの使用には、いくつかの制限があることに注意してください。

Unicodeメッセージには最大70文字を含めることができます。 マルチパートメッセージの場合、これはパートごとに67文字になります。

XMLまたはJSONファイルをPOSTする必要があります。 HTTP GETリクエストはUnicode文字を処理できません

•もう1つの注意点は、世界中のすべての電話会社がUnicodeメッセージを処理できるわけではないため、どの電話会社が機能するかをテストする必要があることです。 このサポートをご希望の場合は、TEXTERソリューションがお勧めです。

 

 

Auto detect encoding/エンコードの自動検出

It is possible to let our gateway detect the encoding for you by including the type: auto setting. In case it detects characters that are not part of the GSM character set, the message will be delivered as Unicode. Any existing DCS value will be ignored. If the message contains more than 70 characters in Unicode format it will be split into a multipart message. You can limit the number of parts by setting the maximum number of message parts (see also the section on Multipart below).

typeauto設定を含めることで、ゲートウェイにエンコードを検出させることができます。 GSM文字セットの一部ではない文字を検出した場合、メッセージはUnicodeとして配信されます。 既存のDCS値はすべて無視されます。 メッセージにUnicode形式の70文字以上が含まれている場合、メッセージはマルチパートメッセージに分割されます。 メッセージ部分の最大数を設定することにより、部分の数を制限できます(以下の「マルチパート」のセクションも参照してください)。

{ “messages”: { “authentication”: { “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000” }, “msg”: [ { “allowedChannels”: [“SMS”], “from”: “SenderName”, “to”: [{ “number”: “00447911123456” }], “minimumNumberOfMessageParts”: 1, “maximumNumberOfMessageParts”: 8, “body”: { “type”: “auto”, “content”: “Κείμενο διαθέσιμο σε όλες τις γλώσσες” } } ] } }

 

 

 

 

 

 

 

Custom DCS/カスタムDCS

By default our gateway interprets SMS messages as if sent with the standard 7 bit GSM encoding. You can use the DCS (data coding scheme) parameter to indicate the type of message you are sending. If you set DCS to ‘0’ or do not include the parameter, the messages uses standard GSM encoding. If you want to send messages using e.g. Arabic, Cyrillic of Greek characters you will need to use the unicode UCS2 encoding. To set your message up for unicode messaging include <DCS>8</DCS> in your <MSG>-element, or if you’re using JSON “dcs”: 8 in a msg object. See the examples below. View the Unicode paragraph for more information.

 

デフォルトでは、ゲートウェイはSMSメッセージを標準の7ビットGSMエンコードで送信されたものとして解釈します。 DCS(データコーディングスキーム)パラメーターを使用して、送信するメッセージのタイプを示すことができます。 DCSを「0」に設定するか、パラメーターを含めない場合、メッセージは標準のGSMエンコードを使用します。 アラビア語、ギリシャ文字のキリル文字を利用したい場合には、Unicode UCS2エンコードを使用する必要があります。 Unicodeメッセージング用にメッセージを設定するには、<MSG>要素に<DCS> 8 </ DCS>を含めるか、JSON “dcs”を使用している場合:msgオブジェクトに8を含めます。 以下の例を参照してください。 詳細については、Unicodeの段落をご覧ください。

 

{ “messages”: { “authentication”: { “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000” }, “msg”: [ { “allowedChannels”: [“SMS”], “from”: “SenderName”, “to”: [{ “number”: “00447911123456” }], “dcs”: 8, “body”: { “content”: “Κείμενο διαθέσιμο σε όλες τις γλώσσες” } } ] } }

 

 

 

 

 

 

 

2,Multipart/マルチパート

When your message is longer than 160 characters, we call such message a multipart or concatenated message. Technically the gateway will first check if an SMS is larger than 160 characters, if so, the message will be cut into multiple 153 characters parts.

Please note that there are a few limitations to using multipart messages:

·       Each message part can only contain up to 153 characters. (rest of the message is used to match the separate parts in the right order together again)

·       The SMS standard theoretically permits up to 255 message parts (which could mean you would send messages of 153 times 255 = 39.000 characters). In practice you should try to limit your message to 8 message parts – thus 153 time 8 = 1.224 characters.

·       When sending multi-part messages, pricing is done per message of 153 characters, hence sending multipart message can have impact on your budget.

·       Another note is that not all operators in the world are able to handle multipart messages, so you will need to test for which operators it works. If you want to have support with this our TEXTER solution might be a solution for you. More information can be found in the TEXTER solution product page.

·       New services like RCS, WhatsApp do not work with this limitation. When you want to send large messages is might be worthwhile to investigate alternatives.

 

日本語はユニコードになりますので1通70文字・マルチパート(複数通数)になると1通67文字の制限を受けます

 

メッセージが160文字を超える場合(ユニコードで70文字)、このようなメッセージをマルチパートメッセージまたは連結メッセージと呼びます。技術的には、ゲートウェイはSMS160文字(ユニコード70文字)を超えるかどうかを最初にチェックします。その場合、1メメッセージは153文字(ユニコード67文字)の複数の部分に分割されます。

マルチパートメッセージの使用にはいくつかの制限があることに注意してください。

•各メッセージ部分には最大153文字しか含めることができません。 (メッセージの残りは、適切な順序で別々の部分を再び一致させるために使用されます)

SMS規格では、理論上、最大255個のメッセージ部分を許可しています(これは、153 x 255 = 39.000文字のメッセージを送信することを意味します)。実際には、メッセージを8つのメッセージ部分(153時間✖️8 = 1.224文字)に制限する必要があります。

•マルチパートメッセージを送信する場合、価格設定は153文字のメッセージごとに行われるため、マルチパートメッセージの送信は予算に影響を与える可能性があります。

•もう1つの注意点は、世界中のすべてのオペレーターがマルチパートメッセージを処理できるわけではないため、どのオペレーターが機能するかをテストする必要があることです。このサポートをご希望の場合は、TEXTERソリューションがお勧めです。詳細については、TEXTERソリューションの製品ページをご覧ください。

RCSWhatsAppなどの新しいサービスは、この制限では機能しません。大きなメッセージを送信したい場合は、代替案を調査する価値があるかもしれません。

{ “messages”: { “authentication”: { “producttoken”: “00000000-0000-0000-0000-000000000000” }, “msg”: [ { “allowedChannels”: [“SMS”], “from”: “SenderName”, “to”: [{ “number”: “00447911123456” }], “minimumNumberOfMessageParts”: 1, “maximumNumberOfMessageParts”: 8, “body”: { “content”: “Using these settings we can send SMS messages that contain more than 160 characters as if it is one message. Please do note that this limits the length of one message to 153 characters.” } } ] } }

 

 

13,Status report /ステータスリポート

NOTE: Status report webhooks are available in XML format and JSON format.

Once you have sent out messages via our Business Messaging API, you might want to receive status updates in return. These status updates can inform you about: how successful a campaign has been, who has received your message, or in case of failure, when a fallback has been applied. You can view the status updates on the CM-platform’s messaging log or receive those statuses in your own system via a webhook.

·       API/Webhook – data in your own systems, development required, where also you need to adhere to GDPR.

·   Messaging log – data in CM’s own platform, accessible for you 24/7, no development required, GDPR compliant.

There are no additional cost to use either one. The Messaging platform has the option to communicate with a web server whenever a message updates its status. The status reports will be communicated using an HTTP POST request.

Note: Status reports sent towards an API/Webhook will be considered as not delivered when a non-successful response code is returned. Our services will temporarily hold the information and retry the delivery periodically for a maximum of 7 days. Status information will remain available through the Messaging Log.

 

注:現在、ステータスレポートのwebhookXMLとJSON形式で利用可能です。 

ビジネスメッセージングAPIを介してメッセージを送信したら、代わりにステータスの更新を受け取ることができます。 これらのステータスの更新は、キャンペーンの成功度、メッセージを受信したかどうか、失敗の場合のフォールバックの適用に関する情報を提供します。 CMプラットフォームのメッセージングログでステータスの更新を表示したり、webhookを介して独自のシステムでそれらのステータスを受信したりできます。

API / Webhook—開発が必要な独自のシステム内のデータ。GDPRを遵守する必要がある場合。

•メッセージングログ– –CM独自のプラットフォームのデータ。24時間年中無休でアクセスでき、開発は不要で、GDPRに準拠しています。

いずれかを使用するための追加費用はありません。 メッセージングプラットフォームには、メッセージのステータスが更新されるたびにWebサーバーと通信するオプションがあります。 ステータスレポートは、HTTP POSTリクエストを使用して通信されます。

注:API / Webhookに送信されたステータスレポートは、失敗した応答コードが返された場合、配信されなかったと見なされます。当社のサービスは一時的に情報を保持し、最大7日間定期的に配信を再試行します。ステータス情報は、メッセージングログを通じて引き続き利用できます。

Configure status reports/組み込み

You can configure your status report webhook in the ‘Messaging Gateway’-app. Please refer to this article in our Help center for more information. When configuring the webhook URL, you must ensure this URL returns HTTP status code 200(OK) on the test call we make. If our call to the webhook fails, we will not use the provided URL.

 

‘Messaging Gateway’-アプリでステータスレポートwebhookを構成できます。 詳細については、ヘルプセンターのこの記事を参照してください。 webhook URLを設定するとき、このURLが、テストコールでHTTPステータスコード200OK)を返すことを確認する必要があります。 webhookへの呼び出しが失敗した場合、提供されたURLは使用しません。

 

Parameter specification 

Name

Format

Description

Created

Datetime

The moment when the status report was registered on CM.com’s platform CM.comのプラットフォームにステータスリポートが登録された時点

Send

Datetime

The moment when the status report was sent to customer’s/your endpoint ステータスリポートがエンドポイントに送信された時点

To

String

The recipient of the message, such as the telephone number of the message recipient or another identifier メッセージ受信者の電話番号などのメッセージの受信者

Status

Integer

The code describing the current state of the message.メッセージの現在の状態を説明するコード。

0 = accepted by the operator オペレーターに受け入れられた

1 = rejected by CM or operator CMまたはオペレーターによって拒否されました

2 = delivered 配信済み

3 = failed (message was not and will not be delivered)

失敗(メッセージは配信されず、配信されません)

4 = Read (Not for SMS, only other channels)

読み取り(SMSではなく、他のチャネルのみ)

Standard Error

String

The description of the error if the message is in an error-state

メッセージがエラー状態にある場合のエラーの説明

Status Description

String

The description of the current state of the message

メッセージの現在の状態の説明

Channel

String

The used communication method via which the status report was received – ie. sms, whatsapp, viber.

ステータスレポートの受信に使用された通信方法–すなわち。 SMS、whatsapp、バイバー。

Operator

String

The Mobile Operator of the recipient – if relevant

受信者のモバイルオペレーター-関連する場合

Reference

String

The message reference which can be provided by the customer in the outbound message (see business messaging API)

顧客がアウトバウンドメッセージで提供できるメッセージリファレンス(ビジネスメッセージングAPIを参照)

CustomGrouping

CustomGrouping2

CustomGrouping3

String

The custom groupings set for this Outbound Message (MT) (see business messaging API)

この送信メッセージ(MT)に設定されたカスタムグループ(ビジネスメッセージングAPIを参照)

Note:

Date/time values are formatted as “yyyy-mm-ddThh:ii:ss” and provided in CEST.

日付/時刻値は「yyyy-mm-ddThhiiss」としてフォーマットされ、CESTで提供されます。

 

 

 

14,SMPP 

SMPP接続は以下を参照ください https://www.cm.com/app/docs/api/business-messaging-api/1.0/index#smpp

 

15XML

XML Protocol

XMLプロトコルは以下を参照ください 

https://www.cm.com/app/docs/api/business-messaging-api/1.0/index#xml

 

16,HTTP GET request

HTTP GET protocol

We also maintain a gateway interface that can be addressed using a HTTP GET method. This call is limited in its features and only supports the basic parameters (FROM, TO, BODY and REFERENCE), options such as concatenation (multipart), unicode, and hybrid messaging are not supported. We advise to use our HTTP POST call if possible.

 

また、HTTP GETメソッドを使用してアドレス指定できるゲートウェイインターフェイスもご用意しています。 この呼び出しは機能が制限されており、基本パラメーター(FROM、TO、BODY、およびREFERENCE)のみをサポートし、複数メッセージ(マルチパート)、フレディット、ハイブリッドメッセージングなどのオプションはサポートされていません。 可能であれば、HTTP POSTコールを使用することをお勧めします。

https://gw.cmtelecom.com/gateway.ashx?producttoken=00000000-0000-0000-0000-000000000000&body=Example+message+text&to=00447911123456&from=SenderName&reference=your_reference



 HTTP GETプロトコルは以下を参照ください

https://www.cm.com/app/docs/api/business-messaging-api/1.0/index#http-get

 

17,Glossary

Glossaryは以下を参照ください

https://www.cm.com/app/docs/api/business-messaging-api/1.0/index#glossary

 

18,Conversion API

 Adding conversion details for each message helps you to keep insight into conversions using Analytics and it helps CM to improve the quality of our service. We recommended looking into using the Conversion web API.

A conversion is a confirmation that an end-user has used the contents of the sms/voice/push message that was processed by CM.

If you wish to get started with the Conversion API, click here.



ConversionAPIは以下を参照ください

https://www.cm.com/app/docs/api/business-messaging-api/1.0/index#glossary