BLOG

ブログ
ブログ

SMSが送れない人材マッチングシステムからSMSを送る裏技とは

人材紹介業界においてSMSは重要なコミュニケーション手段です。転職希望者に面談日時のリマインドを送り無断キャンセルを防ぐだけではなく、いち早く気づいて欲しい求人を紹介する際にも有効です。一方で、一部のマッチングシステムにはSMS配信機能がなく、SMSを送るためには別ツールを使用しなければなりません。しかし、CM.comのSMS配信はマッチングシステムのメール配信機能と連携でき、今までできなかったSMS配信がシステム上で可能となります。今回はその仕組の詳細をご紹介します。

人材紹介においてかかせないSMS配信

例年9月頃から転職活動をする人が増えますが、2020年は前年と比較すると求人よりも転職希望者の方が増えています。パーソルキャリアが発表した情報によると、2020年9月の求人数は前年同月比66.8%であるのに対し、転職希望者数は前年同月比111.4%でした。

そして、日本国内の人材紹介会社は2万社を越えており、毎月100社以上増えていると言われています。

優秀な人材にいち早く求人を紹介するために、多くの人材紹介会社はSMSを活用しています。転職者への面談日時のリマインド、人材紹介プラットフォームへの新規求人掲載や個別メッセージの通知、電話がつながらなかった時の伝言などが主な利用用途です。

SMS配信の手間をなくす方法

メールだけではなくSMSでも通知することで、転職希望者とスムーズにコミュニケーションが取れ、人材紹介に成功した事例は多くあります。しかし、実際にSMSを送信している担当者はどのように感じているでしょうか?

確かにSMSによって優秀な人材と面談ができたり、ホットな求人を紹介できて転職につなげられた経験はあるけれど、SMSを送信することに煩わしさを感じたことはありませんか?

人材マッチングシステムによってはSMS配信機能がついておらず、わざわざ別のSMS配信ツールを立ち上げないと送れないケースがあります。2つのシステムを使うことは、手間と時間がかかるだけではなく、ミスも誘発されやすくなります。

マッチングシステムから直接SMSが送れる状況が一番リクルーターの仕事を効率化できます。しかし、既存のメッチングシステムがSMSに対応していない場合、自社専用のマッチングシステムを開発するか、SMS配信機能がついているマッチングシステムにリプレイスするしかありません。それにはかなりのコストがかかってしまうでしょう。

今使っているマッチングシステムのまま、そのシステムからSMSを送る方法はないのでしょうか?実はその解決策がCM.comの中にあります。SMSの宛先である転職希望者の携帯番号を「携帯番号@mail-sms.com」にすれば、どんなシステムからもメールとしてSMSを送ることができるのです。

ただ携帯番号をメールアドレス形式すればSMSを送れるわけではなく、SMSの送信元となるメールアドレスを弊社に登録する必要があります。一旦登録さえしてしまえば、メールを送る時と同じようにSMSがマッチングシステムから送れるようになります。

CM.comとは

CM.comは1999年オランダで設立したSMS配信ベンダーです。世界1,000社以上の通信キャリアとコネクションを持ち、世界中で年間25億通のメッセージ配信を行っています。メッセージのトラフィックは24時間365日有人監視をしており、お客様の大切なメッセージがしっかりと届くような体制で運営しています。

メールと同じようにSMSを送れる技術はCM.com独自の技術で、日本国内でもCM.comだけが提供しています。この技術は汎用性が高く、人材紹介業界だけではなく、小売業、医療機関、旅行観光業などでも活用されています。

「SMS送信をマッチングシステムからできるようにしたい!」と感じられた方はお気軽にご相談ください。詳細をご案内いたします。