BLOG
ブログ
ブログ

SMSはメール配信画面から送信?簡単2ステップで配信へ

SMSをメール配信画面から送る画像イメージ

SMSをメールソフトから送信できたらいいですよね。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、SMSを利用する企業が増えています。なぜなら、緊急事態宣言やまん延防止措置による休業案内や営業時間短縮のお知らせ、EC事業者やデリバリー事業者の配送通知など、即時性が要求されるお知らせにはEメールよりSMSが適しているからです。

「うちもSMSを導入したいけれど、新しい手法を試す時間とコストがない…」と二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、いつも使っているメール配信ソフトから簡単にSMSを送る方法をご紹介します。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

初めてSMSを配信するなら簡単がいい

新しい仕組みやシステムを利用するのはハードルが高いですよね。マーケティングにおいても、これまでEメールでの配信に慣れてきた人にとって、効果があるとわかっていても新たにSMS配信を始めるのは腰が重いのではないかと思います。

SMS配信を始めるには、配信サービス業者の比較・選定、契約、使い方の確認、テスト運用、実装など、やらなければならないことがたくさんあります。使用が複雑なものを選んでしまったが故に、担当者が運用できない、使いこなせないという結果に陥ってしまうリスクもあります。

実際、導入に踏み切ったものの、使いこなせてない利用者が多くいるのも事実です。導入にかかるコストや時間を考えたら、「まだいいかな」と後回しにしたくなる気持ちも理解できます。

初めてSMS配信を試すのであれば、運用方法はなるべくシンプルで、ITに強くない人でも使える簡単なものがよいでしょう。

SMSをメール配信と同じ手順で送れるのがベスト

新しいサービスを使いこなすのにベストな方法はどのようなものでしょうか。SMS配信がうまくいかない原因として、現場がついていけてない、フォローができない、利用システムが異なるということがよく挙げられいます。

とくに、これまでEメールマーケティングを主に活用してきた企業にとっては、メール配信と同じフローでSMS配信もできるのが理想かと思います。EメールもSMSも同じように配信できれば、担当者もゼロから運用方法を覚える必要がありません。

そんな要望にCM.comのSMS配信サービスは最適です。CM.comのSMS配信方法には以下の3パターンがあります。


<SMSの配信方法>

①CM.comのプラットフォームを利用する方法 

②API開発で配信する方法 

③お好きなメールソフトから配信する方法

今回おすすめしたいのは、③お好きなメールソフトから配信する方法、「Mail SMS」というサービスです。Mail SMSなら、これまでの使い慣れてきたメール配信システムを利用して誰でも簡単にSMSを配信することができます。

いつものメール配信機能からSMSを送信するには

メール配信機能からSMS配信ができるMail SMSの利用方法について順を追ってご説明いたします。

1.契約

CM.comのサービス利用開始には、契約が必要です。お支払いは、クレジットカードでの前払いと、銀行振り込みでの後払いが選べますが、クレジットカード払いの前払いは契約書の締結が不要なため、すぐにサービスの本利用開始が可能です。

2.アカウント作成

契約が完了したら、アカウントを作成いただきます。といっても複雑な手続きは必要なく、お問い合わせをいただき「アカウントを作成したい」旨を伝えていただければ、すぐに発行できます。

3.メールソフトからSMS配信

アカウント作成が完了したら、管理画面から2ステップで利用できます。

①CM.comの設定画面を開く

・配信したいアドレスやドメインを入力する

・SMSで表示される送信者名を入力する

※アルファベットから始まる任意の英数字を3文字〜11文字まで自由に設定できます。

②ふだん利用しているメールソフトを開く
・宛先にSMSを送りたい相手の【国番号+電話番号+@mail-sms.com】を入力する(複数同時に配信可能)

・本文にテキストを入力する
・送信ボタンを押す

SMSでメールのような長文を送りたいなら、自動生成されるLPを活用

SMSは1通あたり送れる文字数に制限があります。日本語・中国語などのユニコードは70文字、アルファベットは156文字までと決まっており、1通ごとの従量課金になります。

そのため、長文を送信したい企業にとってはコストメリットがなくなってしまいます。そこでおすすめなのがメール本文をランディングページに転載し、SMSにはURLを掲載するというサービス(「Mail SMS プラス」)です。

Mail SMS プラスであれば、普段利用しているメールソフトの本文作成画面で入力した長文テキストがランディングページとして自動生成されます。つまり、長文メールもSMS配信1通の料金で送ることができます。ランディングページは自動生成されるので、別途遷移先のページを用意する手間もかかりません。

まとめ

ふだん利用しているメールソフトから簡単にSMS配信をする方法をご紹介しました。新たなマーケティングツールが次々と誕生する現在、ひとつひとつの方法に時間をかけてはいられません。既存のシステムやフローをうまく活用しながら、新手法のPDCAを高速で回していきましょう。

SMSに関する情報はこちらへ