BLOG
ブログ
ブログ

キャリアメールがなくなる?ドコモのahamo(アハモ)の料金はどうなる?

ベッドの上でスマートフォンを見ている女性

12月3日、NTTドコモは新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。このプランは2021年3月から適用されます。

月額2,980円、データ上限20G、国内通話5分以内は無料と、今までのドコモの料金プランとは思えないほどお得。この記事では、ahamoの詳細と利用時の注意点をご紹介します。(KDDIの新プラン「povo(ポヴォ)」の紹介記事はこちら

ahamoはシンプルな料金プラン

月額料金 2,980円(税抜)
月間利用可能データ料

20GB

※20GBを超えると通信速度1Mbps

利用可能データ容量の追加(オプション) 500円/1GB
音声通話

5分以内の国内通話は無料

※5分を越えた場合は20円/30秒

国内かけ放題(オプション) 月額1,000円
SMS 3円/1通
ネットワーク 4G、5G

新料金プラン「ahamo(アハモ)」では、家族割や光割、2年しばりなど、今まであった料金を適用させるための複雑な条件はありません。今までになくシンプルで使い勝手のいいプランと言えます。ドコモの公式サイトによると、ahamoは2021年3月から提供開始で、具体的な日程はまだ決まっていません。

現在、専用サイトでahamo料金の先行申込が開始されています。ahamoはドコモの料金プランと位置づけられていますが、2021年5月まではMNP転出届けが必要です。2021年5月以降は、ドコモユーザーはMNP転出届なしでプラン変更が可能となります。

申し込みは完全オンライン化

オンラインでの申込みは、先行申込だけではありません。ahamoはサービス開始後もウェブサイトかアプリでの受付と発表されています。ニューノーマルを切り開くデジタルネイティブ世代をターゲットとしてサービス設計されており、ドコモショップでは申込みできない。そのため、一部のシニア層がプラン切り替えに苦戦する可能性があるとされています。

キャリアメールなし!それ以外にも注意点が…

ahamoに切り替えると、キャリアメール(docomo.ne.jp)が利用できなくなる可能性があります。そのため、キャリアメールを連絡先として登録しているサービスには、ユーザーはメール変更の手続きが必要となるかもしれません。

また、ahamoは一括請求や家族同士の無料通話ができません。個人フォーカスな料金プランです。しかし、家族通話に関しては5月以降に見直される可能性が示唆されており、ユーザー並びにメディア各社はドコモからの続報を待っている状況。(2020年12月7日時点)

2021年1月14日、ドコモがメディア向けに実施したグループインタビューで、ahamoユーザーをファミリー割引カウント対象とすると発表しました。

ドコモのファミリー割引は、家族の人数で割引金額が変わります。そのため、ファミリー割引を受けている家族メンバーがahamoに変更したら、家族の頭数が減り、割引金額が変わるのではないかと懸念がありました。

しかし、今回の発表ではahamoユーザーも引き続き家族としてカウントするということなので、ドコモの料金プランに残るメンバーは今まで通りの割引金額でサービスを受けられることになります。なお、ahamoユーザーは割引されないとのこと。

ただし、ファミリー通話に関しては注意が必要です。ドコモ料金で契約中のユーザーがahamoユーザーの家族に電話をかける時は無料通話になりますが、ahamoユーザーからドコモ料金ユーザーの家族にかけた場合は5分のかけ放題のみ適用されるそうです。

そして一部ユーザーが注意したいのが、ahamoは3Gエリアに対応していない点。3Gエリアでは端末が対応していても、ahamo料金プランユーザーは圏外になってしまうそうです。海外ローミングも82の国・地域に限定されるので、対象外地域へ行く機会の多い方も要注意。

ahamoはオンラインでしか申し込みを受付けていないので、上記のような注意点を申込時にスタッフから教えてもらうことができません。お得なプランではありますが、今までの料金プランでできていたことが一部できないようなので、申込みの際は注意が必要です。

キャリアメールと異なり、SMSがなくならないのは?

日本ではSMSが日常のコミュニケーションツールとして利用されていないため、キャリアメールよりもSMSがなくならないことに対して疑問を持つ方もいるでしょう。しかし、世界的にみると、SMSは世界中の通信会社によって提供されているのに対し、キャリアメールは日本独自のサービスです。

キャリアメールの役割はフリーメールで置き換えられますが、SMSの役割はフリーメールでは置き換えられません。SMSは携帯番号宛に送るメッセージで、誰でも自由に作れるフリーメールよりも本人確実性が高いのが特徴です。

企業が活用する理由とは?

SMSは基本的には携帯電話からしか確認できず、認証三要素の「所有」に値します。そのため、昨今問題になっている不正ログインを防止するための二要素認証のツールとして、SMSは大切な役割を担っています。

また、SMSはわざわざユーザー登録をしなくても使えるメッセージツールです。携帯所有者なら誰でも送受信ができるので、企業は重要なメッセージを送る手段として活用しています。

重要なメッセージとは、支払督促、配送通知、予約リマインドなどがあります。SMSは開封率が高いのでメールやLINEと比較して読まれやすく、ここ5年間でSMSの企業利用が3倍にも伸びています。

今回はドコモが新料金を発表しました。しかし、提供開始の2021年3月までは時間があります。他のキャリアの動向も見逃せません。

SMS配信ツールや活用方法にご興味がある方は、以下の問い合わせフォームからご連絡ください。

SMS配信のお役立ちブログ