BLOG
ブログ
ブログ

ビジネスでも活用できる!世界で人気のチャットアプリ4選

スマホ画面にWhatsAppのアイコンが表示されている様子

アメリカではFacebook MessengerやWhatsAppなどのチャットアプリで、友人や家族、お気に入りのブランドや企業と連絡を取っています。 年々、インターネット回線を通じてコミュニケーションが取れる、チャットアプリの需要が高まっています。日本では、LINEが個人同士のコミュニケーションの場や企業のマーケティングの場として活用されていますね。

この記事では、越境ECや海外で製品やサービスを展開されている企業向けに、WhatsApp、Facebookメッセンジャー、Apple Business Chatなど、海外で普及しているチャットアプリ4選をご紹介します。

チャットアプリとは?

チャットアプリでは、モバイル端末やパソコン上でメッセージのやり取りができます。アプリによってはメッセージだけではなく、スタンプ、画像、動画、添付ファイルの送受信が可能です。現在、世界中で25.2億人がモバイル端末でメッセージングアプリを使用しており、2022年までに30億人に達すると予想されています。

チャットアプリは最も人気のあるスマートフォンアプリで、世界中のスマートフォンユーザーの約90%が、少なくとも1つはチャットアプリを利用しています。

チャットアプリでのコミュニケーションは、個人間だけではなく、企業と個人の間でも活用されるようになっています。チャット上でのカスタマーサポート、販売接客などを通じて、顧客エンゲージメントを高めたり、売上を上げたりできます。

世界のチャットアプリ4選

チャットアプリを海外顧客とのコミュニケーションに活用する場合、海外ではLINEが使われていないことを、まず知っておく必要があります。そして、どのようなチャットアプリがあるのか、自分たちの顧客はどれを使っているのか調査して、ビジネスで使うチャットアプリを選定します。今回はアメリカで利用されているチャットアプリを4つご紹介します。

1. WhatsApp Business(ワッツアップビジネス)

WhatsAppは世界に20億人以上のユーザーが存在し、1日あたり約1,000億通のメッセージが配信されている、巨大チャットアプリです。2014年にFacebookに買収されました。WhatsAppでは、家族や友人へメッセージを送ったり、電話をかけたり、写真やビデオを共有できます。

活用例

企業はWhatsApp Businessに法人アカウントを開設し、顧客とコミュニケーションを取るプラットフォームとして活用しています。メールや電話に変わる、気軽なコミュニケーション手段として注目されています。企業はWhatsApp上で顧客に商品やサービスを紹介することで、電話やメールでは実現できない、リアルに近い体験を顧客に提供できます。

特徴

  • グループチャットには一度に最大256人まで参加可能
  • チャットを様々な端末と同期
  • 世界中どこでも無料音声通話、チャット、ビデオ通話(※法人アカウントは別途プランあり)
  • エンドツーエンド暗号化機能によりメッセージと通話を保護
  • 最大100MBのドキュメント、PDF、スライド、およびスプレッドシートの送受信可能

2. Facebookメッセンジャー

Facebookのメッセンジャーは13億人のユーザーを抱え、世界で2番目に利用者の多いチャットアプリです。

活用例

Facebookメッセンジャーを独立したユーティリティとして使用し、Facebook、Instagram、Oculus、およびポータル内外でやりとりが可能です。

企業はビジネス用のMessengerを活用して、顧客がアプリから直接予約をできるようにしたり、チャットでカスタマーサポートを行ったりすることができます。

特徴

  • ビデオチャット上で映画、ビデオ、テレビ番組の同時視聴
  • 遊び心のある拡張現実(AR)効果やメッセージ効果、自撮りスタンプ
  • テーマと色を選択できるパーソナライズチ可能なチャット画面
  • 指紋IDまたは顔認証でメッセンジャーのロック解除
  • PayPalアカウントやデビットカード、またはチャージ可能なプリペイドカードでの安全なお金のやり取り

3. Apple Business Chat(アップルビジネスチャット)

アップルビジネスチャットは、iMessage内に開設できる法人アカウントです。チャットアプリの中では比較的新しいサービスで、iOSユーザーに豊かな顧客体験を提供できるチャネルとして注目されています。

活用例

アップルビジネスチャットでは、iPhoneまたはiPadに搭載されているiMessage上で、予約やお問い合わせ、商品購入を行えます。名前や電話番号等の顧客の個人情報は、顧客が共有するまで非公開のままとなります。商品購入の決済手続きはApple Payで行えるので、企業側もユーザー側もシームレスな購買体験を得られます。

特徴

  • Webやアプリ、SNS、Apple Maps、iOS Search、またはiPhone、iPad、Mac、Apple Watchを介してiOSの顧客と直接つながることができます。
  • 顧客はApple Payを使用してチャットから離れることなくは商品やサービスを購入することができます。
  • アップルビジネスチャットはもともとiOSに組み込まれているため、iOS上で予定を組む際に簡単にスケジュール調整が行えます。
  • いつでもどこでも顧客にリーチできます。インターネット接続を利用できない場合は、SMSフォールバック機能を利用できます。

4. Twitter ダイレクトメッセージ

消費者はニュースや情報を見つけるために、他のどのプラットフォームよりTwitterを利用しています。Twitterは世界中で毎日5億件のツイートが発信されているほど、利用頻度の高いアプリです。

アメリカで4番目に人気のあるSNSアプリであるTwitterは、オムニチャネルマーケティング戦略の重要な役を担っています。

Twitterには、個別の会話を可能とする、ダイレクトメッセージ(DM)機能があります。企業はDMを活用することで、フォロワーとより親密な関係を築けます。

特徴

  • ビデオ、画像、シェアボタンなどのコンテンツの送信
  • 新しい製品やサービスの宣伝、お問い合わせ対応によるオープンなコミュニケーションの促進
  • 個人や他の企業とのプライベートな会話を開始してリードを生成し、ネットワークの輪を広げる

企業にとってチャットアプリが重要な理由

チャットアプリはいつでもどこでも顧客にリーチできます。 チャットアプリを活用することで、商品やサービスを宣伝したり(※)、お問い合わせ対応を自動化させたりして、企業と消費者がより手軽に情報にアクセスできるようになります。

※利用するチャットアプリによってマーケティングや販促メッセージの送信に関する規約があります。

チャットアプリについてもっと知りたいですか?

CM.comは、WhatsApp Business Chat、Apple Business Chat、Facebook Messenger、Twitter DMのビジネス利用の導入と運用するためのチャットツールを提供しています。

特に複数チャットチャネルを使用して顧客とやりとりする場合、CM.comのマルチカスタマーコンタクトがおすすめです。1つの管理画面で、さまざまなチャネルから送られてくるメッセージに対応できます。

また、日本国内においては+メッセージの導入サポートも実施しています。ビジネスでチャットアプリを活用したい方は、お気軽にお問い合わせください。

CM.comの最新情報